人形やフィギュアに運気を吸い取られる?風水ではNGと言われる理由

うさぎ 人形家相・風水

人形やフィギュアが運気を吸い取る?

人形やぬいぐるみ、好きなキャラクターのフィギュアを、たくさん自分の部屋やリビングに置いている人、いませんか?

しかし風水では、こうした人形の類を数多く飾るのはよくない、とされています。

人形やぬいぐるみなどは、「住人の運気を吸い取る」とか、「家の運気を分け合うことになるので、たくさん置くと運気の分け前が減る」などといわれています。

運気を吸い取るとは…ちょっと怖い言い伝えですね。

どうして人形などがNGと言われるのか、その理由を考えてみました。

うさぎ 人形

人形類を飾るデメリット

1.健康・衛生面…ほこりの心配

人形やフィギュアは、細かい造作があってお掃除のしにくいものも多いです。

雑にお掃除すると壊れてしまいますから、柔らかい刷毛などで、そっとお掃除しなければなりません。面倒くさいのでそのまま…ということ、ありませんか?

気づけばホコリだらけ…では、見た目にも、健康にもよくありませんね。

ぬいぐるみなど詰め物があるものは、ホコリや湿気でカビたり、ダニがついたりもします。きれいに保つのは意外に大変です。

※人形やフィギュアだけでなく、ドライフラワーなども風水ではNGとされます。同じような理由からではないか、と私は考えています。

ドライフラワーは風水ではNGってホント?その理由は?
インテリアアイテムとしてもよく使われるドライフラワーですが、風水ではNGアイテムとして知られています。でもその理由は?

対策は?

「風水的によくないといわれても、フィギュアや人形を置きたい!」そんな場合の対策は?

フィギュアはホコリがたまらないよう、ケースに入れるのが安心。ぬいぐるみは風通しのよいところに置いたほうがいいでしょう。

こまめにお掃除や洗濯をするには、お気に入りを厳選して、数をしぼって飾るのがおすすめです。

2.心理的な面…「顔」があることによる影響

人間の脳は、逆三角に3つ並んだ点を見ると、「顔」として認識する働き(シミュラクラ現象と呼ばれる)があるそうです。

3つ並んだ壁のシミや木の節が、顔に見えること、ありますよね。

何気ないものが顔に見える

人は、顔らしきものがあると、無意識にそこに注意を向けてしまうのでしょう。

人間にとっては、顔をすばやく認識できることが、進化のうえで有利だったのではないでしょうか。たとえば敵の存在を早く見つけるとか、仲間とのコミュニケーションに利用するとか…。

偶然そろった3つの点ですら注目してしまうのですから、ちゃんとした顔のある人形類なら、なおのこと。

つい注目してしまい、結果として緊張感がとれず、リラックスしにくくなるのかも。そんなことから、「運気を吸い取られる」と言われるようになったのかもしれません。

対策は?

影響を軽減するには、人形の顔が視界に入りにくい位置に置くとか、ふだんは箱や引き出しに収納しておき、必要に応じてディスプレイするとよさそうです。

また「顔」という点では、人形などと同様、大好きな芸能人の写真・ポスターなども注意が必要かも…。

もちろん、「見つめられることでテンションがあがり、頑張れる!」ならよいのですが。

リビングや寝室に飾るなら、「顔」のない風景画などが無難ではないでしょうか。