分解して洗えるサーキュレーターを購入。扇風機と比較してみた

サーキレイター インテリア

扇風機の買い換え

長年使った扇風機の買い換えを検討していた我が家、先日折りたたみ式の扇風機を1台購入しました。

折りたたみ扇風機・ドウシシャDCフォールディングファンを買いました!
コンパクト収納可能な扇風機を買ってみました。使い心地をレビューします。

その後、別な扇風機も1台、羽ガードの破損で買い換えに…。

たまたま、分解して洗えるサーキュレーターがセール価格になっているのを発見。

「これ、扇風機代わりになるのでは?」と思い、買ってみました。

サーキュレーターって、外してお掃除するのが難しいのでホコリだらけになる…とよく聞いていたんです。

でも、分解して洗えるものなら、その心配もないですよね。

ドウシシャ・サーキレイターFCW-180D

購入したのは、先日ゲットした折りたたみ扇風機と同じメーカー、ドウシシャのものです。

同じメーカーのせいか、デザインのテイストも似ていて、近くに置いてもなじみます。操作部のデザインもシンプルです。

手前がサーキレイター、後ろはDCフォールディングファン

一番右のツマミ部分を押すと電源が入ります。

風量はツマミをねじり、ダイヤルのように動かして調節します。

風量のレベル表示は緑色のLEDランプが点灯。直感的にレベルがわかりやすくていいですね。

リモコンが本体後ろに収納できるのもマル。細やかな工夫が感じられます。

風の量や質は?

使ってみると、扇風機代わりでもなかなかイケます。

羽は3枚。直径は18㎝と小さめですが、羽の1枚1枚が大きめなので風のパワーは思ったよりあります。

風量は、先日購入したドウシシャのDCフォールディングファンFLU-253Dよりも、強めと感じるくらいです。夫は「こっちのサーキュレーターのほうが涼しいかも…」と言ってます。

一般的に、サーキュレーターは風が直線的で、扇風機による風よりも当たりがキツいと聞きますが…単純に比較するのは難しい感じです。

結局は、風量調節レベルをどこにするかの問題ではないでしょうか。

このFCW-180Dは上下左右に首振りできます。風量を大きくしても、首振り状態なら風当たりの強さはあまり気にならないと思います。

お手入れは簡単?

本体を簡単に分解して水洗いできるのが、この商品のポイントです。

実際に分解してみました。

本体の後ろ側に、分解の手順がイラスト表示(シール貼付です)されているのがとても親切。

いちいち取説を出すのは面倒ですもんね。

外すのにドライバーなどの工具も要りません。苦労せず、楽に分解できました。

キレイに洗えるから、商品名が「サーキレイター」なんですね!

扇風機代わりとしても使えそう

私が購入したサーキレイターFCW-180Dは、メーカーでは生産終了になっていました。

ただ、ほぼ同じような仕様の後継商品が出ているようです。ツマミの色などの違いはあるものの、使い勝手は似ているのでは…と思います。

扇風機と違うのは、持ち手がないので移動の際には本体ごと抱えないといけないこと。

そこは扇風機のほうが便利ですね。

でも、扇風機代わりとしては十分機能すると思いますよ。

コロンとしていて、収納時もあまり場所をとらないので(箱のサイズだと約31.5×25×38cm)、扇風機だとしまう場所が!という方にもいいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました