インテリアプラン、失敗しないコツは色数を絞ること

インテリアインテリア

素敵なインテリアの秘訣って…

インテリア全体の雰囲気を決めるうえで、色のプランはとても大切ですよね。

先日、家を新築した友人宅にお邪魔しました。そこのリビングのインテリアが、とても素敵な色づかいだったんです。

ベースはブルー+グレーの2色で、シックで落ち着いた感じ。そこにホワイトを足した淡い色が加わり、表情を豊かにしています。

ソファなど目立つ大きな家具やファブリックは、ブルーグレイ。

壁紙はグレイッシュホワイトがメインで、一面だけ、薄いブルーグレイをアクセント貼りしてありました。

リビングのちょっとしたコーナーには、植物やカラフルな小物、ライトスタンドを配置。少量の鮮やかな色が、差し色として効果抜群でした。

(画像はイメージです)

こんな風に、センスのいいお宅のインテリアは、一見カラフルなようでも基本の色は1~2色…ということが多いように思うのです。

ブルーとグレー、そのミックスのブルーグレイ、さらにそれが淡くなったペールグレイ…のように、色味は限られていても濃淡に表情があり、単調に見えないんですよね。

インテリアを上品にまとめるには

「全体を抑えめにして、一部にアクセントを取り入れるようにすると、上品に仕上がる」

これは、我が家がインテリアを決めるとき、コーディネーターさんからアドバイスされたことです。

多くの色や柄を使えば使うほど、組み合わせが難しくなりセンスが必要。引き算的なプランのほうが、うまくまとまり、失敗がない…と。

我が家の場合、色について私の希望は、「グリーンとブラウンを基調に」ということでした。北欧テイストというか、森をイメージした、ナチュラルな感じにしたかったのです。

片付いた室内

フローリングはホワイト調で明るくしたいとお願いし、コーディネーターさんと相談した結果、家具と建具はブラウン、カーテンなどファブリックはグリーンにしました。

キッチン(リクシル・アレスタ)の色も、グリーンとベージュの混じった「ルーセントベージュ」に。

リクシルアレスタ ルーセントベージュ

最初は「地味だったかな…」と不安でしたが、実際に入居して家具や家電、小物を置いてみると、「いや、やっぱりベースは抑えめでよかった」と思います。

カラフルなキッチングッズを使うと、色味が引き立つので、派手目の色は小物で楽しんでいます。

2色の組み合わせとその濃淡を使って

インテリア素人でもシンプルにセンスよくまとめたい…そう思うなら、前述のような2色以内の組み合わせと、その濃淡をベースにするのがコツではないでしょうか。

好きな色・メインで取り入れたい色をまず1色。

そしてもう1色は、メイン色に合わせても違和感のない、控えめでニュートラルな色(グレイ・ベージュ・ライトブラウン・白など)。

インテリアアイテムの色を、その2色(ミックス色とグラデーションも含め)の中から選ぶようにすれば、全体にまとまりが生まれると思います。

壁紙・ファブリック・家具など面積の大きいもののトーンを統一しておけば、あとは、はっきりした色の小物を差し色にしてポイントにもできます。小物なら、万一失敗しても買い換えしやすいので安心。

今は手軽に試せる壁紙や、ウォールステッカーなどもありますから、シンプルで無難なベースプランにしておいて、後から手を加えるのもいいと思いますよ!