無縁墓問題と空き家問題…元気なうちにできること

墓地 暮らしノート

お墓参りで…

お盆休みに、お墓参りに行ってきました。

お墓は、公営墓地の一角。広い敷地に、たくさんのお墓が並んでいます。

お花やお線香がたくさん供えられたお墓もあれば、もう何年も、誰も訪れた形跡のないようなお墓もありました。

雑草が生い茂り、苔むし、荒れ果てたお墓。  

そうなってしまうのは、お世話をする所有者・後継者がもういないということでしょう。

つまり、「空き家問題」と根っこは同じなんですよね。

何も手を打たずにいると、親族など関係者や、地域の人々に迷惑をかける可能性も…。

無縁墓と空き家の共通点

お墓参りに行く途中にも、田舎道の道すがらにいくつもの空き家がありました。

運転 車

誰も住まなくなって傷み放題。窓ガラスが割れ、壁にはヒビ…。

屋根は雪の重さでつぶれ、穴が開いていました。

空き家にすると家はとたんに傷む…親所有の不動産について早めに考えておこう
親所有の不動産を相続したけど、とりあえず空き家のまま放置…。でもそれはトラブルの元。早めに対処したほうがよさそうです。

相続人がいなければ、誰も処分できないまま、朽ちるのを待つばかり…。

立地や交通アクセスのよい物件なら売買されることもありますが、不便な田舎の物件はどうしても敬遠されがちです。

こうした状況が続けば、地域のイメージダウンとなり、さらに過疎化がすすむ一因にもなるでしょう。悪循環です。

財産を残したつもりが負担に…?

家やお墓、かつてはどちらも、先祖代々受け継がれる財産だったはず。

でも今は、かならずしもそうではなくなっているのですね。

「田舎にお墓や不動産があるが、いずれは処分しなければ…」

「子供たちに迷惑をかけたくないし…でもどうしたら…?」

…そういう人は、きっとたくさんいらっしゃると思います。

実家が遠くお参りするのも大変なので、家の近くのお墓に移したい…と「改葬」を希望する方も多くなってきたと聞きます。

墓地

空き家の売却・墓じまい・改葬が注目されるようになったのは、

「自分たちのことで、残される家族に迷惑をかけたくない」

と考える人たちが増えてきた表れでしょう。

手を打つなら早めに

ただし、墓じまい・改葬をするにも、経費や労力がかかります。

改葬にあたっては、菩提寺への離檀料(墓じまいをして檀家をやめる費用)がかかることもあり、その金額は数万円~数十万円とも言われます。

中には法外な離檀料を請求され、トラブルになったという話も聞きました。

早めに情報を集めて、菩提寺への相談や、改葬先の見積りなど、具体的に行動することが大切です。

最近は、後継者不要の合葬墓や、永代供養の墓所も増えてきました。

見学会や終活セミナー・相談会などのイベントも定期的に行われています。お盆やお彼岸の頃に、新聞にチラシが入ってくることも多いので、チェックしてみるといいでしょう。プロによるアドバイスが得られる、よい機会になると思います。

エンディングノートを使ってみる

自分の葬儀やお墓など死後のことは、どんなにしっかりした人でも、本人は何もできません。

だからこそ、「こうしたい」という希望や段取りだけでも考えて書き残しておく。

それが、残された人の助けにもなるのでは…と思うのです。

ちなみに私は50代になってすぐ、エンディングノートを書きました。

お墓や葬儀のことも、自分なりの希望を書いています。

エンディングノートは、「亡くなった後のこと」を書くと思いがちですが、どちらかというと「この先の人生をどう生きるか」につながるものだと思います。

書くことで、自分の人生の棚おろしができ、「何をしたいか、しなければならないか」が明確になります。私自身、書いてみたことでいろいろと気づきがありました。

だからこそ「高齢になってからでいいや…」ではなく、むしろ若く元気なうちに書いておくのがおすすめです。書いてみる価値はあると思います。

高齢の親の終活、エンディングノートが助けになる①
高齢者の終活は、本人にとっても家族にとっても、どのようにすすめるかは難しいものです。エンディングノートはその助けになりますが、ノートを使うにあたって、少し気になったことがあったのでお話しします。

お盆やお彼岸のお墓参りは、人生について考えるひとつのきっかけになり得ます。

家族や親類と話し、これからのことに思いをはせてみるもよいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました