人気スイーツ「どらパンケ」、北海道に来たら食べてみて!

どらパンケ暮らしノート

三方六で有名な柳月の「どらパンケ」

先日、柳月というお菓子屋さんからお取り寄せした「ブリュレ今西」のレビューを書きました。

バウム好き注目!「三方六」の柳月から「ブリュレ今西」をお取り寄せ
北海道のお土産「三方六」で有名な柳月の限定スイーツ「ブリュレ今西 まろやか珈琲」をお取り寄せしてみました。

その際、「春の和みカフェセット」として「ブリュレ今西」と一緒に入っていたのが「どらパンケ あんクリム」でした。

今日はこの「どらパンケ」についてもレビューしてみたいと思います。

柳月といえば、「三方六」が有名です。白樺の薪をイメージしたバウムクーヘンとチョコレートのお菓子で、私のおすすめ北海道土産の一つです。

が…この「どらパンケ」もおすすめなんですよ~。

それではさっそくレポートを…。

どらやき?パンケーキ?

「どらパンケ」は、ぱっと見、コンビニスイーツ風。

パンケパンケ

「どらやきとパンケーキ、和洋のいいとこどりスイーツ」というキャッチフレーズのお菓子です。

お取り寄せだと冷凍されているので、冷蔵庫で4時間かけて解凍します。

ふわふわの生地も美味しいんですが、中にはさんであるクリームがまた美味しいんですよ。

コクがあってフレッシュな味わいのクリームは、ミルク王国北海道ならでは、でしょうね。

あんことクリームの「あんクリム」

ふだん柳月の店舗で購入できるのは、中身がメープル風味のカスタード&生クリームです。

が、今回取り寄せたのは、通販限定・期間限定の「あんクリム」。

ミルク感たっぷりのクリームとつぶあんの組み合わせ、たまりませんね~。

原料の小豆は、柳月の地元・十勝産ですから、美味しさも折り紙つき。

中身はあんことクリーム

今回、断面の写真を撮る際、とても切りにくかった~!せっかくのふわふわ生地、つぶさないように切るのは大変でした。

どらやきやパンケーキより、ふんわりしっとり、きめ細かくなめらかな生地です。

私は熱いコーヒーと一緒に、おいしくいただきましたが、あんこ入りなので緑茶にも合いそう。

やわらかくて食べやすいから、ご年配の方にも喜んでいただけそうです。

要冷蔵で日持ちは短い

このどらパンケ、あまり日持ちしない冷蔵品です。店頭販売品は最長3日間。そのため「三方六」などに比べて、北海道スイーツとしての知名度が高くないのでは…と思います。

あとで職場で配って…というようなお土産にしにくいですもんね。

北海道民でも、知らない人も多いんじゃないのかな…?

私がこの「どらパンケ」を初めて知ったのは、とあるセミナーがきっかけでした、

セミナーの休憩時間に、おやつとして出されたんですが…。

セミナー担当者いわく、「これは美味しくてすぐに売り切れてしまうので、朝一番で買ってきました!」と。

食べてみたら「わ、ほんとに美味しい!」とびっくりしたのを覚えています。

売り切れ必至、見かけたら買い!

我が家の近くには柳月のお店がないので、外出時、たまたま店頭にあれば買う、という感じです。

午後には売り切れていることも多いですよ。

「あんクリム」なら柳月オンラインショップで入手可能ですが、メープル風味は店舗のみで販売です。

北海道に来る機会があって、お店で見かけたらラッキー!ぜひ「どらパンケ」のお味をお試しください。