バウム好き注目!「三方六」の柳月から「ブリュレ今西」をお取り寄せ

柳月のブリュレとどらパンケ暮らしノート

バームクーヘンの名作「三方六(さんぽうろく)」

北海道のお土産として有名な「三方六」というお菓子をご存じですか?

白樺の丸太を割って薪にしたような形のバウムクーヘンです。

表面の木肌部分はチョコレート、年輪はバウムクーヘンで表現。

甘すぎず、しっとりなめらかな味わいです。

実は私の個人的なバウムクーヘンランキングでは、「三方六」がダントツNo.1です!

上品な甘さで、いくらでも食べられてしまう…ダイエットには敵ですな…。

十勝の菓子処「柳月」

メーカーは「柳月(りゅうげつ)」で、北海道の十勝地方に本拠を置く会社です。

NHKの朝ドラ「なつぞら」に出てくる菓子店「雪月」のモデルでは?と話題にもなりました。

柳月では三方六のほかにも、「あんバタサン」「きなごろも」など、さまざまな美味しいお菓子を製造販売しています。

その柳月が期間限定で発売した「ブリュレ今西 まろやか珈琲」を、今回お取り寄せしてみました。

ちなみに「今西」というのは、職人さんのお名前にちなんでいるようです。

「ブリュレ今西」をお取り寄せ

ブリュレとは、フランス語で「焦がした」という意味だそう。転じて、「砂糖を振りかけバーナーで焦がして仕上げたお菓子」がブリュレと呼ばれているようです。

この「ブリュレ今西」が期間限定で送料無料!と新聞広告で見かけて、さっそく注文しました。

だって、大好きな三方六(プレーン)の真ん中に珈琲味の生地をとじこめ、表面を香ばしくキャラメリゼ仕上げですよ!!もーうどんな味だか試してみたくて仕方ない…!!

今回、「どらパンケ」6個とセットになった「春の和みカフェセット」を申し込みました。

左:ブリュレ今西  右:どらパンケ

「どらパンケ」とは、どら焼きとパンケーキのいいとこどりみたいなお菓子。これもふわふわもちもちでおいしいんですよ~

人気スイーツ「どらパンケ」、北海道に来たら食べてみて!
どらやきとパンケーキのいいとこ取り!北海道の人気スイーツは売り切れ必至。お店で見かけたら買い!ですよ。

「ブリュレ今西 まろやか珈琲」実食!

それではお味のレポートを…。

冷凍で到着したので、冷蔵庫で6時間かけて解凍します。

紙箱を開けると、プラスチックのパッケージに収められたブリュレ今西が登場~。

直径約14cm、厚みは4cmほどのサイズです。ナイフで切り分けていただきます。

外側のバウムクーヘンはいつもの三方六プレーン(外側のチョコは無し)ですが、天面がキャラメリゼされ、甘いカリカリコーティング仕上げ。

キャラメリゼ仕上げでつやつやカリカリ

私はキャラメリゼなしのほうが好きですが、夫は「キャラメリゼ美味い!カリッとした感触がいい!」と言っていました。

真ん中の珈琲味部分はまだ冷たくて、ちょっとアイスクリーム的な美味しさ。

そうですねぇ、しっとりバウムクーヘンにミルク珈琲味のアイスを乗せて、カリカリ飴細工を一緒に食べている感じ。

珈琲のビター加減と、濃厚なバームクーヘンがグッドコンビネーションです。美味しいわ~。子どもから大人まで万人受けしそうな味で、ギフトにもおすすめです。

私は1/6個切り分けて食べましたが、食べごたえもしっかりありました。パッケージの表記によると、100g288kcalだそうですよ。全体の重さは箱に書かれていなかったけど、500g弱くらいです。

「ブリュレ今西」、大変美味しくいただきました!

運動して、食べたぶんのカロリーを消費しないと…。