リクシルアライズ・浴槽エプロンを外して掃除…でも戻し方が難しい

バスルーム住宅設備

我が家のお風呂はアライズ・ロング浴槽

我が家のバスルームは、リクシルのアライズ、1618(1坪強)サイズです。

ロング浴槽にしたので、ゆったり足をのばして入れます。

ただ、このロング浴槽、お掃除の時に浴槽サイドのパネル(エプロン外フタ)を外してお掃除するのがちょっと大変なんですよ…。

カウンターを外してお掃除

我が家では、2か月に一度「お風呂の防カビくん煙剤」を使います。そのため、くん煙前に、ふだんよりも念入りにお掃除をするようにしています。

通常のお掃除のあと、水栓下のカウンター、そして浴槽エプロン外フタを外します。

アライズのカウンター

カウンター本体はけっこう重いです。測ってみたら、3Kg以上ありました。(重いわけだ…。)

カウンターは、壁付けの部材で支えられています。細かい凹凸を洗うのがちょっと面倒。

カウンターを外したところ。壁付けの部材はこんな感じ

カウンターって、なくてもいい気がするのは私だけ?そのほうが、お掃除は楽な気がします。

エプロン内部も掃除

続いて、エプロンパネルの取り外し。

パネル下にある、回転する部材を4つ、左へずらしてから外します。

我が家のエプロン外フタ、長さ160㎝あります。大きい…。1坪強サイズのユニットバスなのでなんとか作業できますが、1坪だとちょっとゆとりがないかも?

左がエプロン外フタパネル。右が浴槽

2か月前にも掃除しているから、それほど汚れはひどくありませんでした。

パネル裏側は強度を出すためか、格子状みたいな補強が入っています。これ…お掃除しにくいです…。

それに、この外フタパネルは湾曲したデザインになっているので、壁面に立てかけるとぐらぐらします。不用意に力をかけると、バリ!と割れそうですからご注意を。

ブラシでこすってきれいになったら、エプロン外フタを戻します。

エプロン外フタパネルは取り付けが難しい

このパネル、外すのはそれほど難しくないんですが、元に戻すのはちょっと苦労します。大きなパネルを支えながら位置決めをして、固定用パーツを回さないといけないので…。私は毎回これで手こずるんですよね…。

パネルを戻す手順

1. パネルを浴槽に沿わせるように合わせます。パネルが湾曲しているので、カーブに合わせて調整。

2. パネルと浴槽とを接続する突起状の部分があるので、位置を確認して合わせます。

3. パネルの下部を浴槽に押し付け気味にして、下からすくいあげるようにまっすぐ持ち上げます。

4. うまくはまったら、下の4つの固定用パーツを、下から右方向(反時計回り)にまわしてカチッと止めます。

※ 2と3の工程がいつも難しいんです…。大きいパネルを支えながらいつも苦戦しています。

防カビくん煙を習慣に

エプロン内部とカウンターの掃除が終わったら、防カビくん煙の準備完了。

すごい煙…。

防カビくん煙剤を使用

我が家では、新築直後にこのくん煙作業をしてから入居しました。以来、2か月に一度欠かさずやっています。おかげで、入居2年を超えましたが、バスルームのカビで悩んだことはありません。

夏場には赤っぽいヌメリが少し出ることがありますが、その時点ですぐにお掃除すればひどくならずに済みます。

きれいなお風呂はやっぱり気持ちがいいです。

マイホームを建ててから、家でのお風呂は私にとって、これまで以上に大切な癒しの時間をくれる場所になりました。温泉などに出かけるのもいいですが、家にいながら手軽にゆっくりリフレッシュできるのが、ありがたいです。

快適なバスタイムのために、お掃除もガンバリます~。