水まわりの壁、素材は何にする?おしゃれな壁は手入れが大変

タイルのキッチン住宅設備

水まわりの壁は汚れやすい

家の中で掃除が大変な場所といえば、なんといってもキッチン、洗面所、トイレなどの水まわり。とくにキッチンのコンロまわりはどうしても油や調味料の飛び散りが気になります。

我が家の場合、コンロまわりはキッチンパネルが標準仕様でした。

モデルハウスではかわいいタイルのキッチンもあって憧れましたが、お掃除のラクさを優先した我が家。でも、キッチンパネルにして正解でした。湿らせたタオルで、ひと拭きでキレイになるので、助かります。

おしゃれなタイルのキッチンは憧れだったけど…

タイルはステキだけど、やっぱり目地があるのでお掃除は大変だったろうと思います。

洗面台横にもキッチンパネル

我が家では、洗面台の横もキッチンパネルが標準仕様でした。最初は、洗面台の横にキッチンパネル?とちょっとびっくりしたのですが、これは標準仕様になっていてよかったです。

洗面台の横って、結構水滴が飛ぶんですよね。我が家ではタオル掛けを設置しているので、濡れた手をタオルで拭くときにも水滴がどうしても垂れてしまう…。コロナ禍で手洗いの頻度も増えていますし…。でもキッチンパネルだから凹凸もなく、水にも強くて、さっと拭けばOKなんです。

洗面台横はキッチンパネル仕上げ

(我が家ではコロナ感染予防のために、100均のピンチフックでタオルを分けています)

トイレにも使えばよかった

このキッチンパネル、トイレにも使えばよかったかな…と今になって思います。

トイレの壁はふつうの壁紙仕上げにしたのですが…トイレの壁って、思いのほか尿の飛び散りがあるそうなんです。それが壁のシミ汚れや、臭いのもとになってしまうんですよね。

トイレ
トイレまわりは汚れやすい

そのため、週に1度はトイレの壁も水拭きするのですが、キッチンパネルだったらもっと拭きやすかっただろうな、って。

見た目的には、壁紙のほうがバリエーションもあるし、おしゃれな仕上がりになりますが…お手入れのラクさなら、キッチンパネルのほうが上でしょう。腰の高さまででいいから、つけておけばよかったなぁ…。

また、少しお値段は高くなってしまいますが、ホーローのトイレ用パネルもあるそうです。機能性、耐久性もすぐれているそうなので、お掃除のしやすさ優先!という方は、検討してみてはいかがでしょうか。