鬼門玄関の家に10年以上住んでみた…実際、住み心地はどうだったのか

家相・風水家相・風水

鬼門玄関は家相上よくない?

鬼門玄関は家相上よくない、と言われます。風水や家相の本を読むと、「玄関が鬼門だと、もめ事に遭う、ケガや病気、災害に見舞われる」とか、いろいろ気になることが書いてあります。

風見鶏
鬼門玄関はよくないと言われる

また、とくに年配の方々は、若い人よりも気にされる場合が多いようです。そのため、若いご夫婦が、「自分たちは気にしないけど実家の親が気にして…」とか「親戚がいい顔をしない…」という理由で悩むこともあるとか。

鬼門玄関は珍しくない

私は中古住宅のチラシを見るのが好きなのですが、売家の間取り図を見ると、鬼門玄関は思いのほかよく見かけます。鬼門の玄関がそもそも多いのか、鬼門玄関の家だから売りに出される(手放さざるを得ない事情ができた)のかはわかりませんが…。

「鬼門玄関は避けたほうがいい」というのはよく知られていることなので、売るうえでハンディになるという可能性は、多少はあるかもしれませんね。

鬼門が凶とされる理由

鬼門玄関がなぜよくないかについては、合理的な理由もいくつか考えられます。たとえば日当たりが悪く暗い、北東の季節風が吹き付けて寒い。その結果、家の傷みが進む、家族の健康に影響するなど…。

そのため、かつては鬼門玄関を避けることが、生活上の知恵であったのでしょう。ただ最近は、断熱材など住宅設備や素材の向上で、カバーできる部分も増えたはずです。

鬼門玄関の家に実際に住んでみて

我が家は、家を新築する前は、鬼門玄関のある賃貸戸建てに住んでいました。入居時は築10年ほどでしたが、トータル10年以上そこに住んだので、退去時には築20年を超えた状態でした。実際に住んでみた経験をお話しします。

鬼門玄関は暗い

北東側は直接日差しが入らないので、玄関はどうしても暗めになります。日中でも、来客時には玄関ホールの灯りをつけることも多かったです。

古い玄関
北東玄関は日差しが入りにくい

玄関ドアの劣化

直射日光があまり当たらないにもかかわらず、玄関ドアの色あせ・塗装の剥げなどはけっこうありました。風除室がなかったので、冬場、強い風が玄関にダイレクトに吹き付けていたせいかも。

玄関前がすべりやすい

北東側は寒くて日が当たらないため、玄関前のポーチやスロープに氷が張りやすく、融けにくいです。そのため、転んだこともよくありました。これは北海道ならでは、かもしれません。

鬼門玄関の家で、家族にトラブルは…?

我が家に関しては、10年ほど住んだけれど、致命的なトラブルに見舞われたという感じはしませんね。こまごましたトラブルやケガ、苦労は、それなりにありました。でも、それを鬼門のせいにするという気にはならなかったです。どこの家でも多少はあることだろう、というレベルでしたから。

もちろん、玄関が鬼門だということを意識はしており、日々の整理整頓、お掃除は心がけていました。日常の掃き掃除、そして年に一度、玄関まわりの大掃除を欠かしませんでした。

トラブルが多いと言われる鬼門玄関でしたが、私たちがこの賃貸戸建てから引っ越すことになったのは、トラブルがらみではありません。定期借家の形で借りていたので、いずれは転居する予定だったのです。

家を建てようと思えるだけの、頭金の貯蓄もできましたし…不運続きの生活というわけではなかったですよ。

鬼門玄関をやみくもに恐れるより対策を

もちろん、これから新築する場合は、鬼門玄関を避けられるならそれに越したことはないでしょう。

しかし、立地条件からやむなく鬼門に玄関を持ってくるなら、日中の暗さや、冬の寒さについて考慮する必要があると思います。そこをうまくカバーできるよう、照明や、採光用の窓、風除室やカーポートの設置など、対策をするとよいのではないでしょうか。

また、もし今住んでいる家が鬼門玄関だ…という人は、気に病みすぎるよりも、しっかり掃除をして、快適で安心な状態をキープするよう努めてみてください。「きちんと対策をしている」という気持ちが、不安を取り除いてくれることでしょう。