マイホームの土地。30年後はどうなっているのだろう?と考えさせられた話

考える女性家づくりの知恵

30年前に家を建てた知人の話

先日、30年近く前にマイホームを建てた知人と話す機会がありました。その方いわく、

「土地がね…買ったときの値段から、今はもう半額以下くらいまで下がってしまってね~」

つまり、もし1千万で買った土地なら、500万円以下になっているということ。

その方は札幌近郊にお住まいです。それでもそんなに下がるものですか?と聞いたところ、いろいろ興味深いお話を聞くことができました。

当時は大人気の分譲地だった

その住宅地は、生活利便施設とともに開発されることで注目を集めました。スーパーや学校、病院などが徒歩圏内にひと通りそろっています。

市中心部から少し離れた郊外のため、自然が豊かで、一区画あたりの敷地面積もゆとりある大きさ。

広い庭付きマイホームの夢がかなうとあって、多くの人が魅力を感じたのでしょう。不動産バブルの波もあり、土地購入は抽選になるほどの人気だったそうです。

家並み
当時は人気の分譲地だったが

しかしその後、他にも条件の良い分譲地が造成されたことで、やがてそのエリアの人気は下火になりました。

分譲初期(40年ほど前)に家を建てた住民は、今や70代を超えつつあります。亡くなったり引っ越したりで、今はあちこち空き家も目立つ状態に…。土地の価格も下がり続けたそうです。

かつての人気分譲地の今後は…

自治体では、その住宅地が過疎化して荒れないように、土地販売のプロモーションや、北海道外からの移住者に向けて情報発信をするなど、努力しているようです。

ただ、今後住民が増えるかどうかはわからない…とその知人は言います。

その住宅地は最寄りの駅まで遠く、公共交通機関はバスが頼りです。通勤は自家用車を使う人が多いですが、通学の高校生などはバスを使わざるを得ません。通学時間も長くなってしまいます。

通学は公共交通機関頼り

「買い物なんかは、まだお店があるからいいけれど…子供さんが高校・大学に通うのは大変でしょうね…」とのことでした。

今では、駅まで徒歩圏の分譲地が他にいくつも開発されました。だからそちらに若い家族が流れるのは無理もない、と。

その方は、もう定年を迎え、お子さんもすでに成人。臨時で時折働いているくらいなので、通勤の心配も無用。広い庭で家庭菜園に精を出し、楽しく暮らしているそうです。

でもこれから先、その地域がどうなるかはやっぱり気になる、とのお話でした。

「30年前には、こんなふうにさびれるとは想像できなかったね…」というつぶやきが印象的でした。

将来のことはわからない

我が家は土地購入の前に、市役所で都市計画やハザードマップを調べました。できるだけ安全で、将来性のある街を…と考えたつもりです。でも30年後の街がどうなっているかなんて、確かに想像できないですね…。

たとえ今、JRの駅が徒歩圏だったとしても、路線がずっと存続するかはわかりません。人口の動きだって、この少子高齢化では、プラスの要素は期待できないでしょう。

ただ、ここ最近で少し様子が変わってきたこともあります。

コロナ禍で、リモート勤務も一般的になりました。これまで「ド田舎」と言われた場所でも仕事ができるようになり、地方に移住する人も出てきています。住まいに関する状況というのは、またどんどん変わっていくのでしょう。

PCを使う女性
リモート勤務も可能になった

これからは、駅までの距離や街の規模よりも、違った要素が重視されるようになるのかもしれません。