なくしものが出てくるおまじない「たぬきがこけた」が効くのはなぜなのだろう?

たぬきの置物暮らしノート

なくしものが増える年頃?

50歳を過ぎてから、自分の記憶力の衰えを自覚するようになりました。
「あれ、どこいった?」という探し物も、年とともに増えてきたような気がします。

でも持ち物の数を減らし、置き場所を決めてきちんと戻すようにすれば、探し物も減らせるんですよね。

そこで、家の新築を機に、旧居のガラクタは処分。残したものはきちんと収納場所を決め、整理しました。そのため、ここ最近は探し物をすることは減っていたんです。

しかし先日、お気に入りの夏物カーディガンが行方不明に…。外出先で、冷房がきついとき羽織るのに重宝していたものです。

さがしてもなかなか見つからない…

そこらじゅうをひっかき回して、カーディガンをさがしました。

ふだん使っているバッグの中を確認しても、ない。
車の中にも、クローゼットにも、ない…。

ここ数日の記憶をたどってみます。4日前まではたしかにあった。買い物のときにスーパーで羽織っていた記憶がありました。

(店を出て脱いだ?駐車場までの道で落とした?)

その日に行った店すべてに電話をして、落とし物がないか聞きましたが、結果はすべて「届いてません」。

電話を持つ女性

がっかりしながら、さらに室内を何度もさがしたものの、見つからず…。

探し疲れて、あきらめ半分で「なくしたものを見つけるおまじない」と検索してみました。

なくしものを見つけるおまじない「たぬきがこけた」

すると、「たぬきがこけた」とつぶやきながら探すとすぐに見つかる、という説が。

たぬきの置物
「たぬきがこけた」ととなえると見つかる?

(なんでたぬき?…バカバカしい…)と内心思いつつも、ダメ元でやってみました。

すると…なんと3分もしないうちに、見つかったのです!びっくり!

ふだん使いとは別なバッグの奥に、カーディガンが隠れていました。このバッグ、ちゃんと確認したはずなのに…!他の荷物に埋もれていて、見つからなかったようです。

驚きました。たぬきのおまじない、恐るべし…!

なぜこんなおまじないが効くのだろう?

おまじないなんて迷信…とたかをくくっていましたが、ふと、「どうして効くの?」と不思議になりました。

実は何か、ちゃんとした理由があるのではないか。何か合理性があるのでは?

風水なんかもそういう側面があると日頃から思っていたので、私なりに理由を考えてみました。

まず考えられることは、単純に、よくさがした後にたどりついた場合です。

あと一歩のところまですでに探していて、おまじないをとなえた頃にタイミングよくたどりついたケース。これはあり得ることです。

それ以外に、もうひとつ、おまじないならではの効き目を考えてみました。

一見、無意味なフレーズに意味がある?

こうしたおまじないにたどり着く前に、たいていの人は、すでにかなりいっしょうけんめいさがしています。それでも見つからないからおまじないに頼るわけです。

最初にさがしている時点では、焦っていたり、パニックになっていたりすることもあるのではないでしょうか。

「きっとここにあるはずなのに…」とか、逆に「ここにあるはずがない」などの思い込みに縛られていることもあるでしょう。

そんなとき、どうでもいいような無意味なフレーズをとなえることで、ちょっとクールダウンする効果があるのかもしれません。

ですから、「絶対見つけるぞ」などの気合の入るフレーズではなく、「たぬきがこけた」という、ちょっと脱力するようなフレーズなのがミソなのかも。

力を抜いて落ち着くことで、気持ちをリセットし、あらためてしっかりさがすことができます。私の場合も、このケースだったように思います。

ぼんやりする女性
いったん心をリセットする

非科学的なようでも、もしこんな効能があるとしたら、おまじないもやってみる価値はありますね。

おまじないの不思議な話

余談ですが、私は子供の頃、母におまじないの話を聞いたことがあります。それも、なくしものにかかわるものでした。

母の母(私の祖母)は若い頃に、裕福な家のお針子として働いていました。そのお針子時代に、勤め先で「なくした針が出てくるおまじない」というのを教わったそう。そのおまじないを小声でモゴモゴとなえると、必ずなくした針が見つかるというのです。

母は「それはどんなおまじない?何て言えばいいの?」と祖母に聞いたそうですが、「これは秘密のおまじないだから、教えられないの」といって、教えてくれなかったそうです。勤め先の人に、口外しないよう止められていたようで…。

いったい、どんなおまじないだったのでしょうね…。もう祖母は亡くなっており聞けませんでしたが、子供心に気になったことを覚えています。