ずーっと工事中?みたいなお宅が気になる…

家 工事 外構外まわり

近所をお散歩していると、ついよそのお庭や玄関まわりに目がいきます。

季節の花や芝生など緑いっぱいのお宅もあれば、外構はすべてアスファルトにしているお宅もあります。暮らしのスタイルに合わせて、いろいろですね。

そんなお散歩の途中、ちょっと気になるお宅が…。皆さんはそんな経験、ないでしょうか。

気になるお宅① 常に何か作っている家

かつて私の実家の近くに、DIYを趣味にしている男性が住んでいました。

その男性は60代後半くらい。玄関前に風除室のようなスペースを作ったり、庭にウッドデッキを作ったり…結構本格的なんです。いつも忙しそうに作業されていました。

ただ…私がそこを通りがかるたびに、毎回違う形になっているんです。せっかく作ったものをまるごと作り替えたりしているので、なんだかもったいない!

いつだったか、母にたずねたことがあります。

「あのDIYの好きなおじさん、いったい家をどうしたいんだろう?」

母いわく、

「さあ…たぶんいろいろ家をいじるのが好きなんでしょう。完成させることが目的ではないみたいね」と。

なるほど…完成させることよりも、作業そのものが楽しいのか…。

そのおじさんの家を、私と母はひそかに、「○○町のサグラダ・ファミリア」と呼んでいました。きっとこれからも、進化を続けていくことでしょう。

家 工事 外構

気になるお宅② 工事が進まない家

気になるお宅その②…それは長期間、庭工事が中断状態のお宅。

ウッドデッキ、花壇、子供の遊具など、いろんなものをDIYで作ろうとしている様子なのですが…。

そのどれもが、作りかけで中断されているのです。

そのため、木材やコンクリートブロック、工具などが庭に無造作に放置され、何ヶ月も雨ざらしのまま…。

まだ小さいお子さんもいるお宅のようなので、危なくないのかなぁ…と人ごとながら心配になることも。

ツールボックス

作りはじめたのはいいものの、難しくて途中であきらめたのか…。

それとも、ちょっとやってみただけで、飽きてしまったのか…。

せっかくの広いお庭、作りかけの品々が完成すれば、素敵なスペースになるでしょうに。

いつの日か、無事完成することを祈るばかりです。

家まわりの管理は大切

家まわりのDIYやガーデニングなどは楽しい反面、片付けなど面倒くさい作業もあります。つい後回しにしたくなることも、ありますよね。

とはいえ、やはり片付けは避けて通るわけにはいきません。家の周囲が乱雑だと見た目もよくないですし、衛生面・防犯面などにデメリットがあるからです。

衛生面での注意

たとえば庭に草がボウボウ、そのうえ不要物を放置していると、虫が巣を作って繁殖し、室内にも入ってきやすくなります。

古いプランターやバケツなど放置したままでは、雨水がたまって蚊の産卵場所になる恐れも…。

ゴミ屋敷予備軍みたいになってしまうと、ご近所づきあいにも影響しそうです。

防犯面でも注意が必要

さらに怖いのは、家まわりが乱雑だと「防犯意識が薄い」とみなされ、犯罪のターゲットになりかねないこと。

雑草や不要物の放置は、家の周りに死角を作ります。泥棒にとって仕事のしやすい環境を作ってしまうわけですね。

それに家まわりが汚いと、侵入の痕跡が残りにくい、気づかれにくいということもあるようです。

そういうお宅は何度も空き巣に入られることもあるそうですよ。

空き巣 泥棒

また、段ボールの空き箱など燃えやすいものが放置されていれば、放火の心配もあります。いずれ廃品回収などに出す場合も、物置など目につかないところに収納しておくほうが安心です。

家まわりはきれいにするのが吉

風水の教えでも、「家まわりが乱れているのはよくない、運気を落とす」としています。

家は中だけでなく、外まわりもきれいにしておきたいものですね。我が家も気をつけます!