運転免許の更新に行ってきた…え、デジカメ写真だと受付不可?

車と免許証暮らしノート

地元警察署での免許更新

先日、5年ぶりの運転免許の更新に行ってきました。

新型コロナウィルスの影響を気にしつつ、運転免許センターよりは空いているだろうと地元の警察署へ。

しかし警察署でも、受付まわりに人の姿がとぎれず…。

ロビーの椅子も、「間隔をあけてお座りください」とあり、座りきれない人がロビーのあちこちに立っていました。

前回と違ったのは、免許更新用の「自動受付機」があったこと。

免許証を入れて、タッチパネルを操作していくだけで簡単なのですが…気になったのは暗証番号を入力するところ。

表示が大きい上に、画面が後ろに丸見えなんです…!

後ろに見えないように、画面に近づいてコソコソ入力しましたが、あれ、なんとかならないんですかね…。

持参の写真にダメ出し?!

さて、持参の写真を書類に貼って、申請書を提出。

すると窓口の方いわく「この写真は…写真屋さんじゃないですね?」

…え、ダメなの?

「デジカメで撮りました…」と言ったら、

「デジカメですか…もしかしたら写真が不適として再提出をお願いするかもしれません…」とのこと。

カメラ

「それが心配でしたら、こちらで撮影することもできますが…千円かかります」

ええ~ どうしよう…

「ダメ元で、このままお願いします。再提出と言われたら、また来ます…」と答えました。

近くには、警察署で撮った証明写真を受け取っている人の姿もちらほら。

写真を撮るつもりじゃなかった私は、ラフな格好だったし、マスクの下はほぼノーメイク。

さすがにこの状態では撮りたくなかったんです…(恥)。

マスクが暑い女性

で、そのままデジカメ写真を提出しました。

講習の予約も混雑?

さて次は講習の予約を入れるのですが、予約可能な日にちが最も早くて2週間後!

しかも、「じゃこの日で」とお願いした日が、「すみません、たった今満席になりました…」と変更を余儀なくされました。

コロナ対策で、人数制限をしているからでしょうか…。

カレンダー

2週間待って、やっと優良運転者講習の日が来ました。この日は、安全運転に関わる講話とビデオで終了。

無事、新しい免許証をゲット

それからさらに待たされること数週間、無事新しい免許証を受け取りました。

心配していたデジカメ撮影の写真は…

問題ありませんでしたよ!

よかった~