女性へのプレゼントなら花?贈るときに気をつけたいこと

ハーバリウムとブーケ暮らしノート

女性へのプレゼントといえば花!というイメージをお持ちの方も多いでしょう。

お花なら年齢を問わずに喜んでもらえそうですし、季節感も演出でき、何より贈ったときに場が華やぎます。大きな花束の贈り物なんて、ドラマティックですよね。

私の周りに聞いてみると、お花をもらうとウレシイ!という人が多数派ですが…なかには、「お花はちょっと苦手…」という人もいるみたいです。

メッセージカード

お花が苦手な人もいる

お花が苦手という知り合いに理由を聞いてみると、「生花は枯れるから嫌…」とのことでした。

お花は生き物。鉢物ならば長持ちするでしょうが、切り花なら一週間もすれば枯れてしまいます。

そのはかなさこそが花の魅力でもありますが、「しおれて汚くなるのが嫌」「枯れた花に触りたくない…」「枯れていくのを見ると悲しくなる」という声も。

あるいは香りや花粉が苦手、という人もいるようです。アレルギー体質の人もいますしね。

相手の好みを考慮して

もしプレゼントにお花を考えているなら、さりげなく花の話題を振ってみてはどうでしょう。

花の写真を見せて、「この花、名前がわからなくて…」とか。

「うちの近所に咲いてて、きれいだなと思って」とか。

お花好きなら、きっと興味を示してくれるはず。

welcome-garden

「一番好きな花って、何ですか?」とあえて聞いてみるのもおすすめです。

「うーん…」と困るようなら、あんまりお花に興味がないか、苦手…なのかもしれません。

ハーバリウムとブーケ

生花が苦手なら、枯れないプリザーブドフラワーや、ハーバリウムを選ぶという選択肢もありますが…インテリアグッズは好き嫌いがあるので、ふだんから贈る相手の趣味を観察していないと難しいですね。

クールでシンプルなテイストが好みの女性に、ガーリーでファンシーなインテリア小物をプレゼントしても、「趣味に合わない…」と困惑させてしまう可能性もありますから…。

事前に周囲の人に好みを聞くなど、リサーチしておくのが無難です。

お花のボリュームにも配慮を

花束やアレンジフラワーを贈る際は、大きさにも配慮が必要です。ワンルーム暮らしの人や、電車で帰るという人に大きな花束を贈るのは、ありがた迷惑になりかねません。

それに、「こんな大きな花束もらっても、家に花瓶がない!」ということもあるかも…。

最近は、花瓶に移さず、そのまま飾れるスタンディングブーケも人気です。

そのまま飾れるブーケ・花束を見る

鮮度保持のゼリー入りなので、水替えの手間もありません。可愛いラッピングもそのままでOK、手間いらずです。

大きさ・値段よりも気持ちが大切

ゴージャスな花束などインパクトの大きいプレゼントは、それなりのタイミング・関係性がないと相手を恐縮させることもあります。

「とりあえず豪華な花にしておけば、何でも喜ぶだろう」ってことではないと思うんです。

大きく派手な花束より、一輪のバラのほうがうれしい、ということだって、きっとあるはず。

何より、センスよくアレンジした花なら、小さくても貧相にはなりません。むしろコンパクトなほうが、しゃれた感じになることだってあります。

カクテルグラス

小ぶりなお花とプレゼントを組み合わせるというのも、素敵です。

ちょっとしたお菓子や小物でも、お花と一緒なら、ぱっと華やかになりますから。

モノはあくまで、気持ちを託すためのツールです。

贈る相手に、気持ちが上手に届くといいですね。