喜ばれる贈り物のヒントは、メッセージ?気持ち伝えるアイディアとは

メッセージカード暮らしノート

喜ばれる「贈り物」に大切なこと

誕生日や、ちょっとした記念日、お祝い事があったときなど、思いがけずいただくプレゼントってうれしいものです。

そういえば、母の日ももうすぐ。プレゼントを考え中の方もいらっしゃるでしょう。

でも、いざ贈り物をしようとすると、何にしたらいいか悩みますよね。

女性向けの場合はとくに、好みが多様なため選ぶのが難しい…という声をよく耳にします。

趣味が合わないものだと困るだろうし…と、無難な消え物を選んでしまう人も多いのではないでしょうか。

プレゼントをするとき、ふつうは「とにかく、素敵なモノを…」と、「何を選ぶか」ばかり考えがちです。

もちろんそれは間違いではないのですが、モノ選びだけで本当に喜んでもらえるかというと、どうなんだろう?って私は思うんです。

贈り物って、何かしら相手に伝えたい気持ちがあるから、することですよね。

だからモノだけでなく、「気持ちの伝え方」にも工夫する必要があるんじゃないでしょうか。

うれしい!と思うプレゼントには理由がある

私には、これまでにとくに印象に残っているプレゼントが、いくつかあります。

ひとつは、友人からもらったコーヒーカップです。

東京から北海道に引っ越すときに、「なかなか会えなくなるけれど、またいつか一緒にお茶しようね」といただいたものです。

彼女とは、カフェでよくおしゃべりをしました。
尽きない話に、いつもあっという間に時間が過ぎていきました。

このカップでコーヒーを飲むたび、彼女のことを思い出します。元気にしてるかなぁ、会いたいな、って。

コーヒーカップ

もうひとつは、イヤリング。

「よく、ブルー系のネックレスをつけていたから」と、誕生日に、友人が同系色のイヤリングをプレゼントしてくれました。お気に入りのネックレスによく調和する、色味とデザインでした。

どちらのプレゼントも、自分の気持ちや好みに寄り添ってくれたことがうれしくて、感激しました。今でも大切に使っています。

相手と一緒に過ごした、楽しい時間を思い出してみる。
贈りたい相手の、毎日の暮らし方をを想像してみる。

そこにふさわしい贈り物は何だろうか…と思いを巡らせることができたら、
きっと素敵なプレゼントが思い浮かぶのではないでしょうか。

プレゼントを贈るとき心がけていること

私自身、誰かにプレゼントを贈るときに、いつも心がけていることがあります。

それは、必ず何らかの形でメッセージをつけるということ。

手紙や手書きのカードを添えたり、お店から直送のときは、到着日に合わせてメールを送ったり。

モノだけ届くよりも、贈り物にこめた気持ちも言葉にして、一緒に届けたい…と思うからです。

手書きメッセージなら、イラストを描いたり、カラフルなペンで書いてみたりもします。

お店によっては、ギフトの品物そのものに、名前やメッセージを入れてくれるサービスもありますね。

結婚○周年、とか、人生の節目にあたるお祝いなら、日付入りも記念になるでしょう。

素敵なラッピングも、準備するといいですね。包みを開けるまでのワクワクも、贈り物の一部分ですから。

大切な相手が、笑顔になれるような贈り物ができますように!