トイレブラシケースのお掃除が面倒!100均の「ハンディモップケース」で代用してみた

トイレ掃除暮らしノート

トイレブラシ&ケースのお掃除って…

みなさん、トイレブラシ&ケースはどのようなものをお使いですか?

最近は、トイレブラシ&ケースもさまざまなデザインや色のものが多くなりました。おしゃれなものや、かわいらしいものもありますよね。

ただ…どんなに素敵なデザインであっても、トイレブラシですから、汚れが気になる…。

こまめにキレイにしなくちゃいけないけれど、できればあんまり触りたくない!…って、思うんですよ。

それに、ブラシケースって、洗いにくくないですか?

以前使っていたブラシケースは、ぱかっと開いてブラシを収めるタイプでした。ブラシが見えないようになっていたのはいいんですが、形が複雑で洗いにくかったんです…。

使い捨てのトイレブラシが販売されるのもわかります~。

トイレブラシケースをさがしに100均へ

そこで、もっとシンプルな形のものを使いたいな…と思った私。トイレブラシ&ケースの売り場で買うのをやめて、100円ショップで代用品をさがすことにしました。

そして見つけた、「ハンディモップ収納ケース」。

入れるのはハンディモップではなく、トイレブラシですが…私のさがしていたイメージにぴったり。色もシンプルな白!

大きさは、高さが約20cm。幅と奥行きは12cmくらい。材質はポリエチレンで、少し柔らかさもあります。

シンプルな形でお掃除が楽

この形の何がいいかと言いますと…オープンなので洗いやすく、中にたまった水も捨てやすいです。

そして、さらにもう一つメリットが。中に水で薄めた塩素系漂白剤(ハイターなど)を入れ、ブラシを浸けて除菌できるということです。

薄めたハイターにブラシを浸けこんでおけば、ブラシだけでなくブラシケースもきれいになるという一石二鳥。

ハイター漂白するために、ブラシ本体は白いものを選びました。色つきのものだと、色が落ちてまだらになるかな…と思ったので。

ブラシ収納だけでなくつけ置きも可

しばらくつけ置きしたら、汚れた水はトイレに捨てます。ハイターつけ置き後なら、その後はバケツの中などで洗っても、あまり気になりません。水ですすいで、水気をよく切って、お掃除完了~。

収納にも便利な取っ手つき

このハンディモップ収納ケースは、取っ手がついているので、壁にピンフックを刺し、そこにひっかけることもできます。背面が平らになっているのも地味にGOODなポイント。壁にくっつけても安定します。

トイレブラシ入れや、トイレポット(サニタリーケース?)は床に置くことも多いですよね。でも、そうすると掃除機をかけるときに邪魔で…。狭いトイレで、いちいち持ち上げて動かすのが面倒くさいじゃないですか。

床に置かず、浮かせて収納すれば、床に掃除機をかけたり拭き掃除をしたりする時も、邪魔になりません。

トイレのデッドスペースも有効利用

浮かせる収納と言えば、我が家ではつっぱり棒もよく利用します。

なかでもトイレの便器の後ろ、ほんのわずかなスペースにつっぱり棒がつけられる…と分かった時には、「よっし!」とガッツポーズしました。

便器のうしろは狭いので、つっぱり棒を通すのはちょっと大変でしたが…なんとか頑張って、壁から8cmほど手前につっぱることができました。

そこに、トイレットペーパーの替えと、トイレブラシ入れ、トイレポットを乗せてみました。

便器後ろのデッドスペースにつっぱり棒

壁とつっぱり棒で支えているだけですが、軽いものばかりなので、落ちることもなく使えています。万一、落っこちても壊れないものなので、とくに問題なし。

床からは、25cm浮かせた状態になっています。これだと掃除機のヘッドをスッと入れることができるので、いちいち小物を動かす手間が減りました。

我が家の場合は、トイレットペーパーホルダー(手すり兼用タイプ)の奥にもデッドスペースを発見。つっぱり棒をつけました。100均のフックつきバスケットをかけ、トイレ用ウェットシートなどを入れています。

100均のバスケットを利用

トイレの床は汚れやすいですから、いつでもさっと拭けるようにしておくと、ストレスが少ないですよ!