外壁の色、後悔したくない…失敗しない色選びのために

タイルと蔦外まわり

家の外壁の色決めは難しい

マイホームの外壁、我が家はリクシルのタイルにしました。素材が決まったら次は色選びです。

何色にしようか考えるのは楽しいけれど…悩みませんか?

隣家の壁が派手な色や真っ黒だったら?住宅の外壁の色について考える
近年、モダンでクールな印象の、黒い外壁の家が増えてきた気がします。でも…我が家では、すぐ南側に黒一色の家が建っている土地は避けました。外壁について考えたことを書いてみます。

ハウスメーカーで外観パースを作る際、カラーシミュレーションもしてくれますが、タイルって立体的な質感が持ち味ですから、パースだけだとイメージがつかみにくいですよね。

そこで、リクシルのショールームやハウスメーカーに伺った際に、サンプルを見せていただきました。

サンプルで確認する時の注意

ハウスメーカーの担当さんからのアドバイスは、

「大きい面になると、サンプルよりも明るく感じる」

「外壁など、屋外で使う材料は明るく見える」

ということでした。自分の希望イメージより一段階、暗めの色を選ぶと無難、ってことでしょうか。

我が家の担当さんは、「日光の下での見え方を確認してください」と、タイルのサンプルを事務所の外に持ち出して、並べて見せてくれました。

たしかに、事務所の蛍光灯の下で見るのと、実際に外で眺めてみるのとでは、印象が違います。

また、タイルは表面が平らなもの、ざらざらしたもの、特徴ある凸凹のものなど様々なパターンがあります。我が家の選んだタイルは凸凹が多めのものでしたので、日光の下で見ると陰影のニュアンスがはっきりします。外で見てみるのって大事だなと思いました。

タイル表面
(画像はイメージです)

そうして、色の候補をいくつかに絞り込むことができましたが…。でも、優柔不断な私はまだ迷っていたんです。

なぜって、タイル外壁は、サイディングと違って塗り替えができないから。

一度選んだら替えがきかないですからね…。

一番わかりやすいのは、実物が施工された家

そこで、私が色決めの参考にしたのは、「実際にそのタイルを施工したお宅」でした。

リクシルのタイルは、様々なハウスメーカーで採用されています。そのため、同じ色柄のタイルを使ったお宅が意外と身近にある…ということに気がついたのです。

比較的新しい住宅街を歩いてみたら、何軒かそういうお宅がありました。

家外観

これはタイル外壁に限ったことではありません。自分が候補にしたい外壁材が使われているお宅があれば、そこを参考にさせていただくことができるわけですね。いわば、“外壁ウォッチング”。

ただし、近づいてじろじろ見たりすると不審者っぽいので、あくまでさりげなく、散歩しながら遠目に見るだけにとどめましたよ!

天気・時間など条件を変えてチェック

昼間だけでなく、朝や夕方など時間帯を変えてみる・あるいは天気の違う日に見てみると、光の当たり具合が違うので見え方も変わります。

また、住宅展示場のモデルハウスで使われている場合もあるので、それなら近づいてじっくり見られますし、触ってみることもできますね。小さなサンプルで見るのとは違い、イメージがよくわかりますよ!

外壁の素材・色は家の印象に大きく影響します。後悔のないようじっくり選べるといいですね。