白一色の部屋にはオバケが出る?

白い部屋と窓インテリア

「自分の部屋に何かいる」…って、マジ?!

我が家は夫婦ともに個室を持っています。

夫はイビキが大きいので、寝室はそれぞれ別に。おかげで私は熟睡できるようになりました。

ですが…新居に移ってまもなくのこと。ある晩、ちょっと酔っ払った夫が枕を持ってリビング横の小上がりへ。畳にゴロンと横になってそのまま寝ようとしています。

「自分の部屋で寝ないの?」と声をかけた私。

すると、「なんか部屋が落ち着かない…何だかわからないけど、何かいる気がする…」と言って、ンゴー…とイビキをかいて眠ってしまいました。

ぎょっとしました。何かいる?って、何それ‼

部屋の様子を確認

私は、おそるおそる夫の部屋に行ってみました。何もおかしなところはありません。

夫の布団の上にしばらく横になって、耳をすましてみたり、天井をずっと見つめてみたりしました。何かいる、という感じはしませんでした。

ただ、ちょっと気になることが。

横になったとき、視界に入る壁や天井が真っ白で、ちょっと落ち着かないな…と思ったのです。

もともと寝るだけのスペースなので、部屋は4.5畳程度と狭めです。家具もあまり置かないようにしています。そのため、横になると白っぽい壁だけが目に入る…。

壁には、アートフレームなどのインテリアグッズも、まだまったく飾っていませんでした。

室内の、妙に白っぽい感じがNG?

もしかして、この白っぽい壁があんまりよくないのでは?と思った私。ネットをググってみると、白い部屋は落ち着かない…という話がぞろぞろ…。さらに、まぶしくて目がチカチカして疲れるなどという話も。

考えてみれば、真っ白い部屋って、病院っぽい感じもしますよね…。

これは何とかしなくっちゃ…ということで、考えた結果、とりあえず近くのお店で、ウォールステッカーを買ってきました。

最近は100均のお店でもウォールステッカーがあるようですが、サイズは小さめ。インテリアショップだと、バリエーションが豊富で、かなり大きめのものもありますね。

色味ポイントがあると落ち着く

ステッカーを実際に貼ってみると、真っ白い壁に色味が加わって、ちょっと華やかになりました。目を止めるべきポイントがあると、やはりなんとなく落ち着きます。

(画像はイメージです)

ただの真っ白い壁では、目が泳いでしまうというか、心もとない気持ちになるのも無理はないかな…と。

その不安な感じが、「何かいる」という印象になったのかも…。

色って、けっこう大事なんだなと実感。

風水で「西に黄色」「東に赤」とかよく聞きますけど、単なる迷信ではなくて、心理学的効果もあるのかな…と思いました。

お部屋が殺風景になりすぎないよう、アートフレーム、観葉植物などインテリアアイテムなどを使って、好みのアイキャッチを作っておくとよさそうです。

その後、夫から「部屋に何かいる」という話はなくなりました!ホッ。