戸建てVSマンション~不動産屋のおやじさんが教えてくれたこと

分譲住宅 家づくりの知恵

戸建てVSマンション、どちらがいい?

マイホーム、戸建てがいいかマンションがいいか、よく議論になりますね。

戸建てを選んだ我が家ですが、その理由のひとつが、ある不動産屋のおやじさんの言葉だったんです。

それは「買うなら、地べた」というひとことでした。

売り土地

「買うなら、地べた」

もう30年ほど昔のことです。

私たち夫婦がまだ若かった頃、一緒によく行く飲み屋さんがありました。

そこのマスターは、飲み屋さんのほかに、不動産業もやっていました。

当時、賃貸アパート暮らしだった私たち。マイホームの話になり、夫がこうたずねました。

「マスター、戸建てとマンション、資産価値としてどっちが得ですかね?」

するとマスターは、

「そりゃあ、土地つき一戸建てさ。買うなら “地べた”だよ!

不動産屋のおやじが言うんだから、間違いない」と、きっぱり。

分譲住宅

そしてボソッと、

「マンションは、借りて住むならいいけど…。あんまり大きな声じゃ言えないけどね」

マンション購入のデメリットとは

「え、マンションはだめですか?」

私たちが聞くと、マスターはこう続けました。

「うん。マンションを購入しても、戸建てと違って、土地も建物も自分だけのものにはならない。利用する権利を買うだけだ。だから将来マンションに何かあったとき、何をするにも他の住民と話し合う必要がある。そのへんをよーく考えたほうがいい」

それからまもなく、「マスターの言うとおりだ…」と実感することが起きました。

1995年の、阪神大震災でした。

考える女性

住民の合意という大問題

地震で被害を受けたマンションは、そのまま住み続けるわけにはいきません。修繕するか、解体して建て替えるか、急いで決めなければいけないのです。

しかし、決めるには住民たちの合意が必要。それがどれほど大変なことか…。

話し合いが難航し、方針を決められないマンションが続出したとニュースで報じていました。

そもそも大きな災害の直後に、落ち着いて話し合いをする余裕なんて、あるでしょうか。

かといって、住めないなら売却…ということも、その状態では無理。

東日本大震災後にも、同じことが起きていましたね…。

災害がなくても、大規模修繕は必要

幸いにして長年災害に見舞われずとも、マンションが老朽化すればどうでしょう。

建て替えか、大規模修繕か、やはり選択を迫られることになります。

その際、スムーズに住民の合意がまとまるのか。

十分な修繕積立金が、あるのかどうか。

分譲マンションのリスク・デメリットは、災害の有無に関わらず存在するのです。

一戸建ては自分たちで方針を決められる

もちろん、戸建てでも、災害などで住めなくなるリスク・売買が難しくなるリスクは当然あります。

しかし、そのマイホームや土地をどうするかについて、他人様ともめる必要はありません。所有者がそのときの状況に応じて、「自分で」判断することができます。

戸建てVSマンションの比較は、いろんなポイントがありますが、私たち夫婦が重視したのは、「単独所有できるから、戸建て」という点だったと言えるでしょう。

戸建てかマンションか…マイホーム購入には、住み心地や暮らしの利便性以外の要素も、考えてみる必要があるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました