片足立ち10秒間できないと短命?太極拳でバランスを鍛える!

素足 暮らしノート

片足立ちで健康度がわかる?

先日、新聞で気になるニュースを見つけました。

それは…

「中高年で片足立ちが10秒間できないと、10年後までの死亡リスクが2倍近くになるとの研究結果が出た」というのです。

イギリスのブリストル大学がスポーツ医学誌に発表したもので、「片足立ちが健康状態を把握する簡便な検査法になり得る」というじゃありませんか。

紙面では小さな扱いの記事だったのですが、もっと知りたくなってネットでも詳しく調べてみました。

素足

年齢が上がると10秒をクリアできる人が減る

片足立ちの方法は、こんな感じです。

・視線はまっすぐ前に向け、両手は体の横に下ろす。

・片方の足裏を、反対の足のふくらはぎにつけるようにして立ち、10秒間キープ。

どちらかの足で3回までトライすることができますが、3回やってもできない場合は不合格となります。

不合格の割合は、50歳代前半で5%、

しかし5歳刻みでほぼ倍になり、70歳代前半では54%が不合格とのこと。

不合格者のその後10年間の死亡リスクは、合格者より84%高かったということです。

なぜそうなのか、という原因について特定はされていないようですが…

あくまで追跡・観察した結果ということなんですね。

いずれにしろ、片足立ちをする能力は、中高年になると急速に衰えるそうです。

筋力やバランス感覚の低下、姿勢の悪化や体のゆがみなど、様々な要因が影響しているのでしょう。

太極拳には片足立ちの動きが多い

このニュースを目にして、私の脳裏に太極拳のことがよぎりました。

太極拳を始めて3ヶ月!どのくらい身についた?健康効果は?
太極拳を習い始めて3ヶ月あまりたちました。動きはまだまだぎこちないですが、やめずにがんばっています。

太極拳には、片足立ちをする動きがたくさんあります。

私の通う教室では、メンバーの多くが50代から70代くらい。

しかしベテランの方だと、片足でもぴたっとポーズが決まり、立ち姿も安定しています。

太極拳がもたらす効果

太極拳や気功には、筋力や柔軟性を養う動きがたくさん含まれています。

ゆっくり・ゆったりと行うので、息が上がるようなことはないのですが、しっかり意識して動こうとするとそれなりに負荷がかかります。

さらに、太極拳・気功では左右交互に体をねじる動きが多く、体のゆがみを矯正する効果も期待できるのでは…と感じます。

座ったときに足を組んだり、片方の肩にばかりバッグをかけたり…ふだんの暮らしの中で、ついついゆがみやすくなってしまうこともありますもんね。

また、太極拳の準備運動に「スワイショウ」という動きがあります。

スワイショウ

これは、体をねじり、両手をでんでん太鼓のように振り回すものです。

体がほぐれ、ゆがんだ姿勢がリセットされるような気がします。

家事の合間などに、ちょっとやってみるのもおすすめです。

無理なく健康に効果が

スローな体操…というイメージの太極拳ですが、やればやるほど、様々な健康効果があるなぁと実感します。

太極拳の体験教室に行ってみた…健康・ダイエット・リラックス…いろんな効果が得られそう
心身の健康によいという、太極拳の体験レッスンに行ってみました。スローな動きですが意外に難しい…でもメリットがいっぱいありそうなので続けてみます!

太極拳を続けることで、身体能力が実年齢よりも若く保てたら、いいですよね!

これからも、楽しみながら体を整えていければ…と思っています。

タイトルとURLをコピーしました