リーズナブルな平屋を人生後半に建てるメリット

2軒の小さな家家づくりの知恵

TBS「がっちりマンデー」で平屋の話題が

先日、TBSの人気番組「がっちりマンデー」7月4日の放送で、「平屋戸建て」が取り上げられていました。

最近、新築の平屋の割合がぐっと増えているとのこと。その理由は、シニアの夫婦に人気だから、だそうです。

たしかに、年をとったら階段のない平屋は本当に楽です。(しみじみ実感)

2軒の小さな家

人気の平屋をリーズナブルな価格で

「がっちりマンデー」では、Casa robotics株式会社という平屋専業の会社が取り上げられていました。驚いたことに、3LDK24坪の平屋が、800万円台で建てられるというじゃありませんか!

すべての部屋を6畳単位で作ることで、材料の効率を上げ、その結果費用を抑えられるということのようです。

え~うちが建てるときにこんな会社、知らなかったわ~!と検索してみたら、群馬県に本社のある会社なのですね。

我が家のように北海道からお願いするのは無理としても、ホームページに掲載の間取りプランなんかは参考になるでしょう。

それに、これだけリーズナブルに建てられるのは驚き。

これなら、建て替え需要もおおいに期待できるんじゃないでしょうか?

というのも、若いご家族で子供が小さいうちは、広めの家が必要。でも、子供が巣立ったあとは夫婦二人の小さい家で十分ですもんね。

緑の中を歩く夫婦

2階建てを大規模リフォームすると、場合によっては800万円以上かかることもあるでしょう。

だったらいっそ、小さい平屋に建て替えるという選択もできそうです。

人生後半でコンパクトな家を建てる

そう考えると、「若いうちは賃貸や、中古住宅暮らし。50代で平屋を新築」もいいかも!子育て中、部屋数の必要な時は大きめの家で暮らし、老後は小さく暮らすのです。

30代でピカピカの新居を建てたい気持ちもわかります。でもあえて中古を選んで価格を抑え、中年以降、そこにコンパクトで暮らしやすい家を建て直す…というのも賢い選択ではないでしょうか。

上物(中古住宅)つきの場合、立地のいい土地を比較的安く買うこともできるでしょう。

年をとると、交通インフラやお店に恵まれた場所のありがたみが、よくわかるものです。

コンビニ

若いうちは郊外の住宅地でも、車で自由に動けます。でも高齢になると免許を返納したり、病院通いがひんぱんになったりすることもあるはず。街なかのほうが何かと安心でしょうね。

終活にもメリットが?

人生後半で住み替え、小さく暮らす。それは、終活にも役立つことではないでしょうか。

実際、50代で家を建てた我が家は、引っ越しの際にかなりの持ち物を処分しました。気力・体力のある50代で整理できてよかった、と思っています。

クロゼットの荷物
高齢になってからの片付けは大変

あとあと子供が管理するにも、大きな家より小さい家のほうが楽でしょうし、税金も抑えられます。

ライフプランを考えるのが大切

もちろん、50代くらいで新築となると、住宅ローン審査や老後資金の問題などをクリアしなければなりません。若いうちに建てるよりも、資金計画がいっそう大切になりますね。

 

家づくりを考えたら、最初にすべきこと
家づくりを考え始めたら、「まずは住宅展示場?」と思っていませんか?でもその前に、これだけはやっておくべき、と思ったことをお伝えします。

 

私たち夫婦が若い頃は、ライフプランやマネープラン作成、なんてあんまり聞いたことがありませんでした。ただやみくもに、「住宅資金を貯めねば…」ということだけ考えていた気がします。

最近は、ネット上で、自分でデータを入力してマネープランを作ることもできます。一度やってみるといいですよ。

現実を把握するには、数字を見るのが一番です。インパクトありますよ~(経験者は語る)。

人生全体を見据えてマネープランを考えておくことは、家を買う・買わないを問わず、とても重要なことです。勉強だけでも、しておくことをおすすめします!