玄関から道路・駐車場の勾配はどのくらい?冬は凍結に注意!

敷地と駐車場外まわり

雪のシーズンを迎えると…

北海道では11月ともなると、天気予報に雪マークがつき始めます。そうなると、マイカーのタイヤ交換が必須。

我が家の近所では、自分でタイヤ交換をする人が多いです。

自宅前の駐車スペースで作業している人が多いですが、なかには、道路上に車を移動してから始める人もいます。

それは、駐車スペースの勾配のため。

タイヤ交換は、水平で安定したところでないと危ないですからね。

駐車スペースや、玄関から道路までの勾配がきつい家は、意識して見てみるとけっこうあるものです。

道路への勾配はどのくらい?

水はけなどを考えれば、敷地・建物は道路より高い位置にあるほうがよいと言われています。

道路までの勾配はどのくらい?

かといって、高ければ高いほどいいかというと、そうとも言えません。

あまり高低差があると、土留めや階段などを作る費用がかかるからです。

さらに北海道の場合は、冬の暮らしを考慮する必要があります。玄関から道路までの高低差・勾配によって、冬は転倒しやすくなってしまうのです。

ブラックアイスバーンにご注意を

とくに心配なのが、玄関前や駐車スペースのアスファルト舗装です。

アスファルト上に張ったごく薄い氷は見えにくく、ブラックアイスバーンと言われています。表面が水で濡れただけに見えるのですが、実は凍っているという状態です。

ブラックアイスバーン

このブラックアイスバーン、冬の北海道では本当によく見かけます。交通事故や、歩行者の転倒の原因になることも多いです。私もこれで転んだこと数知れず…。

理想的な勾配は2%前後。滑らないよう対策を

こうした危険を回避するため、家の周囲で人が歩く部分は、できるだけ緩い勾配にするのが安心です。

水平にしてしまうと水はけが悪くなるため、2~3%が理想的な勾配と言われています。外構プランを打ち合わせする時に、勾配がどのくらいになるか確認するといいでしょう。

また、車椅子やベビーカーを使うために、スロープを作るというご家庭もあると思います。スロープも冬場の凍結・転倒の可能性をよく考え、手すりの設置や、ゴムマットなど対策をお忘れなく!

スロープには手すりなど安全対策を