チョコとクッキー、一緒に食べるか別々か?北菓楼の「北海道廳立図書館」レビュー

北菓楼 北海道庁立図書館 暮らしノート

北菓楼の限定商品を購入

北海道旅行をした方なら、北菓楼というお菓子屋さんをご存じの方も多いことでしょう。

いまや北海道土産の定番として知られる「開拓おかき」や、シュークリームが大好きな私ですが、今回、初めて試したお菓子をご紹介します。

「北海道廳立図書館(ほっかいどうちょうりつとしょかん)」です!

お値段は税込み1080円、本を模したレトロなパッケージが上品な、チョコサンドクッキーです。

このパッケージデザイン、素敵!…と、つい買ってしまいました。

北菓楼札幌本館は、歴史的建造物「旧北海道庁立図書館」をリノベーションし、店舗として利用しています。そこにちなんだスイーツなんですね。

本来は札幌本館限定のお菓子ですが、期間や数量限定で他店舗でも販売中だったようで、私は砂川本店でゲットしました。お近くにお店があれば、電話で問い合わせてみるといいかもしれません。

本好きの方に、本と一緒にこのお菓子をプレゼントする…なんていうのもおしゃれかも?

本とソファ

チョコとクッキーが個別に包装

パッケージを開けると、チョコレートとクッキーがそれぞれ個包装されています。

上:パッケージ全体 下:個包装を開けたところ

チョコレートは、甘さ控えめですがリッチでコクのある味わい。中にとろりとしたキャラメルソースが入っています。

クッキーのほうは、香ばしいラングドシャ。薄くて繊細ながら、噛むとザクザクした歯ごたえのある食感で、バターとキャラメルの風味が広がります。

甘さだけでなくかすかな苦みもあって、大人っぽい味わい。

私はブラックコーヒーと一緒にいただきましたが、ほうじ茶なんかも合いそう、って思いました。

はさんで食べるか別々か

この「北海道廳立図書館」、クッキーでチョコをサンドイッチして食べるもよし、単体で食べるもよしというコンセプトのようですが…。

私は、単体で食べるほうが好きですね。

その理由は、

  • クッキーが薄くてさくさくなので、チョコをはさもうとすると割れそうになって焦る
  • どちらも単体ですごく美味しいので、それぞれの味をシンプルに楽しみたい

というわけで私の意見では、チョコレートとクッキーを一緒ではなく、交互に食べるのがベストかな!

いっぽう、夫に言わせると「はさんだ方がウマイ」そうです。最初にクッキーの甘さ、そのあとにチョコのビターな濃い味が追いかけてくるのがいい、とのことでした。

「北海道廳立図書館」チョコサンドクッキー、機会があったら、はさむ派VS別々派で議論(?) してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました