フチなしトイレはお掃除が楽と思ったら、意外に残念なところも…リクシルのトイレ・ベーシア(アメージュ)のレビュー

トイレ住宅設備

我が家のトイレはリクシル・ベーシア

我が家のトイレはリクシルのベーシアです。この品名は特定のビルダー向けで、一般的にはアメージュZAと言われるもののようです。私たちが建てたハウスメーカーでは、リクシルを選ぶとこのタイプが標準仕様でした。

リクシルのトイレ ベーシア
リクシル・ベーシア

流線形で、シュッとしたデザイン。「100年クリーン」がキャッチフレーズの、汚れが落ちやすいアクアセラミック、お掃除しやすいフチレスというのが気に入って選びました。

ベーシアには、手動ですがお掃除リフトアップもついています。

お掃除リフトアップは、すき間汚れのお掃除に便利です。でも、いったん上げた便器を下げるときに、「ガタン!」という音と衝撃があるのがイマイチ。もう少しスムーズに上げ下げできるといいです。

それと、フチレスは最初いいなあと思っていたんですが、実は気になることが。

思いのほか便座の裏が汚れる

ベーシアは、フチがないということで便器からの跳ね返りがあるのか、便座の裏に尿汚れがつきやすいようです。

便座を上げずに使っていると気が付かないのですが、お掃除しようと便座を上げてびっくり!毎日お掃除どころか、誰かが使うたびに毎回チェックしないといけないの?と思うくらいの感じです。

家族には「便座の裏、汚れてないか気をつけてね」と言っていますが、お客様にはそんなこと言えませんから、ちょっとヒヤヒヤします。

ベーシアの便座の裏は、凹凸が少ないので拭き取りはしやすいですけどね…。こまめに拭かないといけないのは大変です。

便座と便器の隙間から漏れる?

それから、気がかりなことがもう一つ。
入居して間もない頃、便器と床の境目のところに、水たまりができていたんです。

トイレの床に…

「ええっ、新築なのに水漏れ⁉」とびっくりしたのですが、お掃除してみるとこれはどうやら水ではなく「小」のほう…。便座と便器の隙間から、漏れているようでした。

これは座る位置にもよるようです。男性が座って用を足すと漏れやすいというレビューもありました。

以上の2点は、フチレスの残念なところです…。フチレスになったらお掃除ラックラク♪と浮かれていたのに、別な意味でお掃除に気を使わないといけないなんて。ネットでググってみると、そういう感想がけっこうありました。盲点だった…。

知っていたら、フチありを検討したのになぁ…って感じです。

アクアセラミックは、確かに汚れがつきにくくていいんですが。便座裏の汚れと、尿の漏れやすさはもう少し改善されるといいなと思います。