キッチン収納、吊り戸棚のプランで注意すべきこと

踏み台で背伸び住宅設備

キッチンの収納、注意すべきポイント

我が家のキッチン、背面収納はカウンターと吊り戸棚にしました。

カウンターには炊飯器・オーブンレンジなど家電を置き、その上に食器や雑貨を収納する吊り戸棚をつけました。

しかしそこで注意すべきことがあります。それは、吊り戸棚の高さです。

目の高さより高くしてしまうと、吊り戸棚の奥が見にくくなりますね。

しかし…だからといって目の高さくらいにするのは危険!

なぜなら、死角に入ってしまうから。

うっかり戸棚の扉を開けたまま作業をすると、ふとしたはずみに扉に頭や顔をゴツン…という恐れがあるそうです。

キッチンの吊り戸棚、死角に入る高さとは

吊戸棚の扉下端が死角となるのは、頭のてっぺんから目の高さの間。つまり、(身長)~(身長マイナス10cm)くらいまでです。

しかし目の高さから5cmほど下げれば(つまり身長マイナス15cm程度)、死角からは外れるそう。

そこで、我が家ではさらに余裕をみて、吊り戸棚下端は身長からマイナス20cmくらいにしました。160cmの身長の場合、下端が140cmです。

戸棚とカウンターの高さ

背面収納のカウンター高さは、シンク高さに合わせ85cm。その結果、吊り戸棚下端との間は55cmほどになりました。炊飯器やコーヒーメーカー、湯沸かしポットも余裕を持って置けます。

炊飯器の蒸気についても、対策をとりました。詳細は別記事にまとめてあります。

炊飯器の蒸気漏れ対策、レンジ上ラックで戸棚を守る!
キッチンの背面収納、戸棚の下に炊飯器を置くと、蒸気漏れで戸棚が傷みそう…。蒸気をさえぎろうとレンジ上ラックで対策してみました。

吊り戸棚、奥行きは浅めがいい

目線~腰くらいまでの高さは、目が届きやすく作業がしやすい「ゴールデンゾーン」と言われます。

しかし吊り戸棚は、高い位置にあるため物を取り出しにくく、何が入っているかもわかりにくくなります。そのため、使わないものを詰め込んで放置…ということにもなりかねません。

奥行きは浅めにしたほうが、量をつめこみにくく、入れた物もわかりやすくてよいと思います。

踏み台を使う機会は最小限に

また出し入れに踏み台が必要になると、危険も伴います。高齢になればなおさらです。踏み台なしで使える収納だけのほうが安心でしょう。

踏み台で背伸び

我が家の場合、踏み台が必要となる戸棚上部に入れているのは、軽いもの(紙皿や紙コップなど)や、年に数回しか使わない重箱などです。普段使いのものは極力、踏み台なしで出し入れできるようにしています。

高い位置にも収納を設けざるを得ない場合は、収納ユニットがバネや電動で昇降するものもあります。予算が許せばそうしたタイプを検討してみてもよいのでは。

耐震ラッチも必須

我が家のキッチン(リクシル・アレスタ)の吊り戸棚には、耐震ラッチがついています。

2018年の胆振東部地震でも、ラッチが働いたため食器はひとつも飛び出しませんでした。

開き戸タイプなら耐震ラッチは必須だと思います。引き違いタイプの扉にするのもいいでしょう。

新築直後に大地震!平屋は地震に強い?実際に経験してわかったこと
新築して入居直後に、大きな地震に遭遇してしまった平屋建ての我が家…。平屋建ては地震に強いと言われていますが、実際に地震を経験してどういう状態だったかご報告します。

キッチンは、家電や食器などが集中しているため、地震の際はとても危険な場所となります。万一の際に家族がケガをしないように、安全には気を配りたいですね!