全身が映る姿見鏡のサイズってどのくらい?

鏡に映る女性住宅設備

姿見鏡のサイズどうする?

身だしなみ・おしゃれのためには、全身が映る姿見鏡が欠かせません。

でもどのくらいの大きさの鏡にすれば、全身を映すことができるのでしょう?

鏡とドア
壁掛けの鏡、大きさをどう決める?

鏡のサイズって、意外と気にしたことがなくて、悩むんですよね。実物を確かめられない通販で買うなら、なおのことです。

鏡の横幅は?

まず横幅は、肩幅の半分以上必要とされています。

一般的な肩幅を50cmとすれば、25cm以上ならOKということ。

あまり細い鏡だと、見切れてしまい全体が見えにくくなります。

鏡の長さはどのくらい?

では長さについてはどうでしょう。

全身を映すには、自分の身長×0.5、つまり身長の半分の長さが必要だそうです。

たとえば身長180cmの人なら、長さ90cmは必要になりますね。

壁にかける高さは?

壁にかける高さはどうしたらいいでしょうか。

大人が身長に合わせて高い位置にかけてしまうと、子どもが全身を映すには高すぎます。家族の身長差を考慮しなくてはなりません。

小学生の子ども(低学年:身長120cmくらい)がいれば、その身長の半分程度を下端にすると全身映ります。この場合床から60cmです。

床から60cmを下端として、かりに大人の身長180cmを上端とするならば、鏡のサイズは高さ120cmとなります。

以上のようなことから、鏡は幅30cm、長さ120cm以上あれば、多くのご家庭で十分な大きさになるのではないでしょうか。

我が家は大人だけですが、この例と同じく120cm長さの鏡を、下端を60cm、上端180cmの位置にかけており、支障なく使えています。

鏡まわりのスペースについて

鏡前のスペースに余裕があれば、少し離れて映してみることもできます。

そのほうが、全身のコーディネートのバランスも見やすいでしょう。自分が立つスペースに余裕をもたせて、鏡の位置を決めるとよいと思います。

鏡に向かって立ったとき、背景になる壁の色や、光の具合も考慮にいれるといいでしょう。自然光が取り入れられる場所のほうが、色がわかりやすいです。

自然光が入る明るい場所を選ぶ

逆光になってしまうとか、背景がごちゃごちゃしているという場合、洋服の色や柄のバランスがわかりにくくなってしまいます。できれば無地の、薄い色の壁紙などが背景だとよいですね。

鏡のプランって、意外に悩むポイントです。間取り計画時には、鏡の位置の検討もどうぞお忘れなく!