雪の中に落とし物?おまじない「たぬきがこけた」を試したら…

雪 車 暮らしノート

雪の中にカギを落とした!?

ある雪の日の早朝、夫があわてた様子で何かつぶやいていました。

「ない…やっぱりない…」

「どうしたの?何か探し物?」とたずねたら、

「車のカギが見あたらないんだ…雪の中に落としたかも…」

ええっ!?

「最後にカギを使ったのはいつ?どこ?」

「昨日除雪したとき、車からスノーブラシを出して使ったんだ…ブラシを片付けた時までは、あったはず」

昨日っ!?

春になるまで待つしかない…?

雪の降るなか、あわてて一緒に家の周りを探してはみましたが、見つかりません。

カギには、大きめのキーホルダーをつけていました。でもやわらかい雪の中に落としたのなら、音もしないので気づかなかったのでしょう。

昨日落としたとすれば、カギはもうすっかり雪の下…。

家の前か、駐車場か、庭なのか…すべての場所の雪を掘って見つけるのは、まず不可能です。

「しょうがないよ…スペアキーはあるから、車を動かすことはできる。春の雪解けを待つしかないね…」

あきらめて家に入ろうとしたとき、私は「たぬきがこけた」のおまじないを思い出しました。

なくしものが出てくるおまじない「たぬきがこけた」が効くのはなぜなのだろう?
探し物が見つかるおまじない「たぬきがこけた」を試したら、本当にすぐに見つかりました!でも、どうしてこんなおまじないが効くのでしょう?

「たぬきがこけた」のおまじない

さすがに無理だろう…と思いつつ、「たぬきがこけた…たぬきがこけた…」とつぶやきながら私は家に入りました。

玄関で長靴を脱いでいると、寝ぼけまなこの我が子が部屋から出てきたところでした。

「朝っぱらから、どうかしたの…?」

これこれしかじか…とわけを話すと、「カギ?…あ、持ってるよ」

なんと!マジ?

昨日の除雪の際、作業中に夫が「ちょっとコレ持ってて」と子供に渡したそうなんです。

それを、落とさないよう上着のジッパーポケットに入れたまま、いつもの置き場所に戻し忘れたとのこと。

「カギ、あったよぉ~!」

夫に伝えると、「え、どこに?!」と驚いた顔。おいおい…。

「そうか、渡してたか…すっかり忘れてたよ!」

いやはや、人騒がせな…。でもよかったです。ホッとしました。

それにしても、「たぬきがこけた」のおまじない、また効いちゃったな!と驚きました。たぬき様、ありがとう~!!

たぬきの置物

雪国あるある?

我が家の場合は幸い無事でしたが、雪の中に落とし物をすると本当に探すのが大変。雪国暮らしの人なら、きっと身にしみていることでしょう。

車や家のカギなど大切なものは、かならずバッグや服のジッパーつきポケットに入れることが肝心です。

少しでも目立つよう、色つきの、大きめのキーホルダー(できれば音のする鈴なども)をつけておくのがおすすめ。

伸縮式のストラップを使うのもいいですね。

春・雪解け

雪解け頃になると、落とし物やらゴミやらが道ばたのあちこちに…というのは「雪国あるある」です。

名前が書いてあったために、ご近所さんに届けてもらえた…というケースもあります。

でも家のカギの場合、名前や住所がわかると空き巣の危険がありますから、NGですよ!

雪の中に落とし物をしたら…

落としてすぐ気づいた場合、ふわふわの雪なら、まずは目をこらして雪の表面をていねいに見渡します。

あわてて雪をかきわけてしまうと、落ちた際の痕跡が消えてしまいます。雪の表面に、穴が開いていないかを確認してください。

雪の中の木

場所がわかるようなら、少しずつ雪をどけていきます。あわててざくざく雪を掘ると、雪と一緒に探し物を移動させてしまう可能性があります。ていねいに、慎重に、雪を取り除きましょう。

しかし、どこに落としたか特定できない・落とした後に積雪があった…という場合は、ほぼアウトです…。

スマホを落とした場合は、GPS機能を使って見つけた!という方もいらっしゃるようですが…すぐに発見して処置をしないと、「水没」状態で使用できなくなってしまいますよね…。

スマホ

なんといっても、雪の中に落とし物をしないことが一番。みなさま、お気をつけください!

タイトルとURLをコピーしました