戸建て住宅のメーター類、設置場所はどこにする?

タイル壁の玄関 住宅設備

メーター類、どこについていますか?

注文住宅を建てる場合には、あらゆる設備・仕様を決めていかなければならず大変です。

電気・ガス・水道などのメーター類についても、どこに設置するか検討することもあるでしょう。

ただ、家の外につくものですし、とくに細かい相談なくハウスメーカーが決めてしまうこともあります。(我が家もそうでした)

ですが、メーターの位置もちょっと気をつけたほうがいいかな…と思うことがあったので、書いてみます。

大雪後のできごと

先日、北海道で記録的な大雪が降りました。

私が家の周りの除雪をしていた時のこと。

「すいません…」と声がしたので振り向くと、ガス会社の検針員さんが立っていました。

「雪のせいで、お隣のメーターが読めないんです。お宅の敷地を通らせてもらっていいですか?」

お隣さんのメーターは家の脇。除雪されておらず、腰の高さまで雪が積もっています。我が家の敷地を通れば、何とかなりそうでした。

「どうぞどうぞ」とお通ししましたが、そちらからでも、ひざ下くらいまで雪に埋まる状態。検針員さんは、雪をこぎながら、やっとメーターにたどりつけました。

雪かき用品

「ありがとうございました!いやぁ、このドカ雪には参りました…」

「本当に、ご苦労様です…」

「私たちは、双眼鏡も持っていますが…メーターが家の脇や物陰にあると、見えないこともありまして」とおっしゃっていました。

家の美観を考えて、通りから見えにくい位置にメーターをつける場合もあるでしょう。でも、検針員さんには不便でしょうね…。

スマートメーター化も進むが…

メーターが道路から見やすい位置にあれば、検針員さんも敷地の奥に入らずに済みます。

犬にほえられたり、不審者と間違えられたりすることもないでしょう。住人側にとっても、そのほうが安心なはず。

雪の積もった街

最近は、使用量のデータを自動的に送信する、スマートメーター化が進みつつあります。

すべてスマートメーターになれば、検針の必要もなくなるのかも。

でも、電磁波による健康被害とか、データ漏洩によるプライバシーのリスクなどという話も聞くので、正直、不安もあります。

スマートメーターの電磁波って危険なの?① 新築時に注意すべきことは?対策は?
スマートメーターの電磁波で、健康に影響があるかもと聞き不安になった私。でも今さら設置場所を変えるわけにもいかず…いったいどうしたら?

また検針作業以外でも、今回の積雪のように、メーターに近寄りにくい状況が起きると困ることがあります。

たとえばガスは地震などの際、自動でストップしますが、復帰するにはメーター本体のボタンを押す必要があるそうです。

雪やつららが落ちる危険のある場所などは、避けるべきでしょう。

屋根の雪

メーター位置も忘れず検討を

ガスや電気のメーターは壁付けですが、水道のメーターボックスは、地面に埋め込んだ形で設置されます。家の前のわかりやすい位置に作られるので、目立ちすぎて気になる…というケースもあるようです。

また、水道メーターが駐車スペースに設置され、「車を止めていると検針できない!」なんてこともあるとか…。設計段階で、ちょっと気をつけていれば防げたのではないでしょうか。

タイル壁の玄関

でも家づくりって、ふつうは一生に一度あるかないか。メーターのことまで、素人にはなかなか気がまわらないものです。注文住宅を計画する際は、どうぞご注意ください。

 

タイトルとURLをコピーしました