築3年、引き戸とカーテンレールのメンテナンス

ツールボックス 住宅設備

室内引き戸のトラブル

昨年、我が家の引き戸(ラシッサS・上吊りタイプ)にトラブルがありました。

引き戸のソフトモーション(静かにゆっくり戸が閉まるようにする機能)に関わるネジが、脱落して引っかかり、開閉ができなくなってしまったんです。

ソフトモーション付き引き戸が動かない…!?その意外な原因とは
ソフトモーション付き引き戸が、突然動かなくなって大あわて!原因は意外なところにありました。

サポート担当者に来ていただき、ネジを締め直して元通りになったのですが…

1年たたずにまた同じトラブルがっ!!まだ新築後3年なのに…。

ハウスメーカーに連絡して、またメンテナンスをしていただくことになりました。

ネジの脱落が心配

開閉時の振動により、ドアのネジ脱落は時に起きるそうです。

そのため「数年に一度、ネジを締め直すように」と聞いてはいた我が家。しかし1年たたずに、また同じネジが落ちたんです。

玄関とリビングの間の引き戸なので、開け閉めの頻度も高い場所ではありますが…。それにしても、1年もたたずにというのは、困ります。

外れたネジを探し出し、ドライバーで締めてはみましたが、またすぐ落ちるかも…と心配で、再度チェックしていただきました。

チェックの結果、ネジ穴が甘くなっているのかもしれないとのことで、今回はネジロック剤というネジのゆるみ止め接着剤を使うことになりました。

ホームセンターなどでも取り扱いがあるようですね。

ネジロック剤を使用

メンテナンスの担当さんが、ネジの先にちょっとだけネジロック剤をつけて、ネジ穴に取り付けてくれました。

これで30分もすればかたまって、強度が出ます、とのこと。

接着剤なので、これからはドライバーなどで回そうとしないように、と言われました。せっかく固定されたところに強い力をかけると、すきまができてしまうからだそうです。

これで、もうネジが外れなくなれば大丈夫ですね。

カーテンレールもメンテナンス

我が家では先日、カーテンレールも一カ所、ちょっとぐらぐらして傾いていたのでメンテナンスしていただきました。

明るい窓とホスクリーン

取り付け金具のゆるみを自分で締めてみたものの、手応えがなくゆるゆるした感じだったので、メンテの担当さんに連絡。数日後、職人さんに来ていただけました。

カーテンの開閉を続けるうち、ちょっと強く引いたりした場合にレールのビスが抜けてしまうと、穴が大きくなってホールドしきれなくなるそう。

カーテンって、けっこう重さがありますもんね。

ビスが短めだったのも原因かも、とのこと。

長めのビスを打ち直して、しっかり取り付けていただきました!

タイトルとURLをコピーしました