ソフトモーション付き引き戸が動かない…!?その意外な原因とは

引き戸住宅設備

先日、我が家の室内の引き戸が急に動かなくなりました。

数日後、アフターサービスの担当者が来てくれて、確認していただいたところ、意外な原因が判明。

それは…1本のネジによるものでした。

引き戸をお使いの皆様、ご注意ください。もしかしたらお宅も急に引き戸が動かなくなるかもしれませんよ!その対処法も、のちほどお伝えしますね。

引き戸が突然動かなくなった

我が家の室内ドア(リクシル・ラシッサS)の多くは、引き戸です。開け放しておいてもドアが邪魔にならないのがいいな!と思ってあちこちに使っています。

上で吊るタイプの引き戸なので、床に段差もできずバリアフリーの面でもメリットです。

しかしある日、玄関ホールとリビングとの間の引き戸が、突然動かなくなりました。

10cmほど開いたところで、ガン!と止まって開かなくなってしまったんです。

ハウスメーカーのサポートに連絡しましたが、休日のためつながらず…。

夫と二人で取説やリクシルのホームページで対処法を探してみたものの、難しくてよくわからない…。原因もわかりませんしね…。

とりあえず引き戸そのものを外して、ハウスメーカーと連絡がつくのを待つことにしました。

まず引き戸を外してみた

この引き戸は、玄関とリビングの間なので、我が家で最もひんぱんに出入りするところです。

我が家は回遊動線の間取りになっており、ほかのところから出入りはできますが、ここがふさがっているとやはり不便。

まずは、なんとか引き戸を外そうということになりました。が、引き戸を外す方法がわからない!

そこでリクシルのHPでやり方を探しました。(リンクは引き戸の外し方のページです)

天井側レールにつながる吊り車部品を、引き戸本体から抜き取るように外します。これでドアが外せて、出入りできるようになりました。

引き戸とレールを確認

さて、メンテナンス当日。

レールを確認したところ、レールにつけられた部品のネジが1本、外れていることがわかりました。

頭上のドアレール、真下から見上げたところ

「もしかしたら、ここのネジが、レール内部のどこかに引っかかっているのかも…」とのことで、レールそのものを外してみることになりました。

最近の引き戸には、ソフトモーションという機能がついています。戸を閉める際、静かにゆっくり閉まる装置です。ソフトクローズ機能とも呼ばれているものです。

そのためか、建具の構造も昔に比べて複雑みたいですね。

で、外してみたところ…!ありました!ネジがポロリと出てきたんです。

「きっとこれが、どこかに引っかかっていたんですね」と担当さん。

開け閉めのたびに少しずつネジがゆるんで、何かの拍子にそれが外れたのでしょう。そしてレール内部かソフトモーションの部材あたりに引っかかってしまったのでは…ということでした。

原因がわかってよかった!

数年に一度、メンテナンスしておけば安心

この引き戸のネジ、数年にいっぺんくらい、締め直しておくとこうした事態を防げるとのこと。

我が家はもうすぐ築3年。念のため、ほかの引き戸のネジも確認していただきましたが、やはり使用頻度の多い引き戸は、わずかにゆるみがあったようです。

ネジの脱落は、そう頻繁にあることではないそうですが…何かの折にゆるみがないか確認しておくとよさそうです。年末大掃除のついでなどに、やっておくといいかも。