エコでおいしい&楽しい!家庭菜園は地球にも家計にもやさしい

ミニトマト外まわり

北海道で家庭菜園を楽しむなら

我が家は裏庭に畑を作り、ナス・ピーマン・トマト・枝豆など、様々な野菜を育てています。

ミニトマト

北海道の場合、春先はまだ気温が低いので、暖かくなってからでないと苗の植え付けができません。5月の連休が終わってから、植え付け作業をします。

以前、連休中に早めに苗を植えたら、そのあと気温の低い日が続いて、みんな枯らしてしまったことがありました…。焦りは禁物ですね。

北海道では、「カッコウが鳴いたら何を植えてもよい」と言われています。5月の中旬から下旬といったところでしょうか。寒さに弱いキュウリなどはとくに、あわてずに待ったほうがよいです。

夏には収穫がたっぷり

植え付けた野菜たちは、順調に気温が上がってくれれば、夏には一斉に実りの季節を迎えます。だから夏場はとても忙しい…。我が家では毎日、ボウルいっぱいの新鮮な無農薬野菜が収穫できます。枝豆も、夏は毎晩のようにおつまみとして食卓にのぼります。

新鮮なジュースを作る女性
新鮮な野菜が手に入る

ときには食べるのが追いつかずに、ご近所さんにもおすそ分け。それでも食べきれないときは、下処理をして冷凍したり、保存食にしたりします。定番は漬物ですが、佃煮やトマトソースもつくります。ホームメイドはやはりおいしいです。

家庭菜園で出たゴミはエコな方法で処理

こうしてたくさん野菜を食べられるのはいいんですが、家庭菜園ではゴミも出ます。枝豆のさやとか、とうもろこしの皮、そして作物が枯れた後の葉や茎も、けっこうな量のゴミになります。

燃えるゴミに出すこともできますが、我が家の場合は、こうした葉や茎を畑に埋め、土づくりをしています。

葉や茎、草取りした際の雑草は、いったん庭の隅っこに積んでおいて、しおれさせます。しんなりして枯れ、かさが減ったところで、庭に堀った穴に埋めます。

今はまだ畑の土があまり肥えていないので、分解が少しでも早まるようにと、夫は堆肥や米ぬかなども一緒にまぜこんでいるようです。米ぬかは、近くのホームセンターの精米機で出たものを無料でいただけるので、時々ありがたく利用しています。

翌年、埋めた位置を掘り返してみると、大部分が土になっています。ゴミも減らせて土も肥えて、一石二鳥。園芸用土を毎年買うより、家計にも地球にもやさしいなぁと思います。

家庭菜園のススメ

「家庭菜園はめんどうくさい」「草取りが大変だから」と、家の敷地すべてにアスファルトや砂利を敷くご家庭も多いですが、実際に土いじりをしてみると意外と楽しいものです。

畑がなくても、ミニトマトやハーブ程度なら、プランターで手軽に育てられます。お子さんがいるご家庭なら、一緒に育ててみるのもいいですね。野菜が苦手だったのに、育てることで食べられるようになったお子さんもいます。理科の学習にもなりますよ。