家庭菜園の白菜を収穫。今年はナメクジなしでひと安心

秋空 外まわり

秋の家庭菜園で白菜を

北海道では、11月ともなると、初雪ももうすぐ。

秋空

夫がせっせとお世話している家庭菜園も、この時期になればほぼ店じまい状態です。

トマトやナスなど夏野菜は、枯れた茎を抜いて細かく切り、土に埋めます。

広くなった庭で、今、唯一育っているのは白菜!

先日、今年初の収穫がありました。

ナメクジとの戦い

初めての白菜栽培は、数年前。そのときは、ナメクジとの戦いでした。

ようやく収穫した白菜も、外葉は食われて穴だらけ。内側の葉の間にも、ナメクジやイモムシが…。ちょっと洗っただけでは、取りきれそうもありません。

調べてみると、「水につけるとナメクジが取り除ける」とのこと。

屋外水栓

そこで、大きめのバケツにきれいな水を張り、白菜を逆さにドボンとつけてみました。

逆さにするのは、そうしないと白菜が浮いてしまうからです。逆さにして、さらに何か重しをのせるといいですよ。我が家では小さめのレンガなどを乗せました。

そして1時間ほど放置したところ、隠れていたナメクジが、わらわらと浮いてきました…絶句。

心の中で悲鳴を上げつつ、バケツの水ごと側溝に捨てて退治完了。

これでほぼナメクジは除去できましたが、食べる前にも葉っぱを一枚ずつ外して洗えばさらに安心です。

今年は農薬も使ってみた

白菜は美味しかったのですが、「ナメクジはイヤ~!」と言った私のために、今年は夫が少量の農薬を使いました。

でも「農薬?大丈夫?」と心配した私。そのため夫は、農薬を使う量や時期に注意し、さらに収穫1ヶ月以上前からは、農薬ではなく木酢液を使うようにしてくれました。

ナメクジはカフェインも苦手らしく、コーヒーかすをまくのもいいみたいですよ。

そして迎えた収穫…外葉は少し虫に食われましたが、内側の柔らかい部分は大丈夫でした。

さっそく白菜をたっぷり入れたお鍋を作って、いただきました。とても美味しかったです!

鍋料理

我が家では、寄せ鍋や肉だんご鍋はもちろん、白菜と豚バラ肉だけ交互に重ねたミルフィーユ鍋もよく作ります。野菜は煮るとかさが減るので、たっぷり食べられるのもいいですね。

 

余った種の保存法

今年植えた白菜は、夫がホームセンターで種を買い、育てたものです。苗を買うより手間はかかりますが、費用は種のほうが安かったので、そうしました。

野菜の苗 庭

種は使い切れず余りましたが、来年使おう、ということに。

種は低温保存するといいそうなので、冷蔵庫の冷蔵室や冷凍庫で保存します。種の中に水分が残っている場合は、冷凍室だと細胞が壊れてしまうそうなので、よく乾燥した種でないといけませんね。冷蔵室が無難かも。

冷蔵庫

また来年も、美味しい白菜が育てられるといいなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました