家庭内での“ゴミの居場所”を考えてみる

分別 ゴミ 間取りのヒント

家庭内でのゴミ置き場、どこにプランしますか

家づくりをするとき、間取りや設備はこまごまと気にされる人が多いでしょうが、ゴミについてはどうでしょう?

自治体によって、ゴミの分別方法や回収の頻度は違います。回収日までの間の、適切な保管場所を考えておかないと、キャパオーバーになってしまうかも…。

かといって外に置くと、虫や動物が寄ってきそうで心配ですし。

ゴミって、生活から切り離せない問題。毎日の暮らしにも大きく影響します。注意しておいたほうがいいな、と思うことを書いてみます。

ゴミの扱いも「収納プラン」と同じ?

ゴミはすぐに捨ててしまうものですが、収集日までいったん「保管」するものと考えることもできます。

洋服や食器などの収納プランと同様に考えるべき部分も、あるわけです。

つまり、量を把握し、出し入れの利便性を見極めるということ。

ゴミの量や種類は、家庭によってさまざまです。たとえば、ふだんペットボトルゴミがほとんど出ない家庭もあれば、山のように出る…というお宅もあるはず。

どのくらいの量になるかは、他人にはわかりにくいものです。ハウスメーカーの担当さんに伝えるのも難しいですよね。

我が家では、使用予定のゴミ箱のサイズ・個数を伝えてスペースを確保してもらいました。

ゴミの置き場所に適した場所は

ゴミの置き場所は、「ゴミが発生した時に捨てやすい位置」、そして「収集日に搬出しやすい位置」にすると便利です。

ただ、来客から見えるような目立つ場所はイヤですね。できれば人目につきにくく、死角になるような位置にプランできるとベターでしょう。

我が家では、メインの大きなゴミ箱をキッチン背面収納下部に置いています(可燃・不燃・プラ包装ゴミ)。

(画像はイメージです)

そのほかに、資源ゴミのスペースを洗面所のカウンター下に設けました。(主にペットボトルや缶、雑紙など)

我が家の洗面所は玄関からも近いので、収集日にゴミをすぐ玄関に出せて便利です。

資源ゴミはかさばって場所をとるので、少し広めのスペースを確保しました。雑然と見えないよう、つっぱり棒とカフェカーテンで目隠ししています。

衛生面も考慮する

生ゴミやおむつゴミなど、臭いのあるゴミも悩みどころです。保管位置や、ゴミ箱の形状・種類なども考えて選ばねばなりません。

臭いのあるゴミにはフタ付きボックスがマスト。でもカウンター下に置いた場合など、高さに余裕を見ておかないと、意外にフタが開けにくい!ということもあります。

私のお気に入りは、ニトリのスライドペール30L。

カラーも4色と豊富なので、分別用に色分けも可能。ふた付きでニオイも出にくく、しかもフタが真ん中で折れてスライド式に開くタイプなので、開けた時にパカーンと上に当たりません。カウンター下に置くときに便利。

シンプルなロゴデザインも、いい感じです。

また、ゴミは汚れがついているために、ゴミ出しの際に手が汚れたり、しずくがたれたり…ということがあります。

さっときれいにしたい時、水場が近くにあると便利です。キッチンや洗面所が近いとその点でもメリットです。

ゴミ袋のストックや雑巾も、近くに収納するのがおすすめ。

ゴミの扱いは毎日のこと。新築時は検討を忘れずに

ゴミの存在は、身近な割に、つい忘れがち…。

「ゴミも収納物の一部」と考え、間取りプランに組み込んで考える必要があります。

家づくりの際には、検討をお忘れなく。

タイトルとURLをコピーしました